感想・レビュー

( Reviews & Voices )

ウッディ系5種 (白檀2019・沈香・摩天楼・サイレンス・夏よ華)
Date: Sat, 29 May 2021

●投書:
武蔵野ワークスさんの香水は初めてです。今回は白檀2019、沈香、摩天楼、サイレンス、夏よ華のキューブボトルを購入しました。香水に詳しいわけではありませんが、どれも素敵な香りでしたので順にレビューしてみます。

・白檀2019
トップのすっきりしたレモンが印象的です。ただレモンの香りはすぐに飛んで、優しい樹木の香りになります。白檀の香りはよく仏壇や寺に例えられてしまいますが、檜のおかげか誰にでも親しみやすいほっとする香りになっています。白檀系の香水は他にも購入しましたが、一番"透明"な印象を受けました。

・沈香
本物の沈香の香りを嗅いだことがないのですが、なかなか一言では言い表せない香りですね。私には香りの変化はあまり感じられず、終始ナッツのようなスパイスのような樟脳のような、とても複雑な木の香りが続きます。白檀とは全然違って、甘味や酸味、苦味を内包した仄暗く重たい印象を受ける香りです。色に例えるなら紫ですね。

・摩天楼
今回購入した5種の中では最も香り立ちが華やかで、比較的長持ちします。ローズの自然でふくよかな香りがど真ん中に鎮座していて、フレーバー付の紅茶のような甘い香りがパチョリの苦味の奥にいます。朝露が滴る赤い大輪のバラがたくさん植えられた庭園を想像しました。湿度のある香りだと思います。

・サイレンス
白檀や檜、墨などが「白檀2019」と共通しています。あちらは夏の爽やかな風のようなトップですが、こちらは初っ端から樹木とラベンダーの香りがして、靄の立ち込める森のようです。勝手に渾名を付けるなら「白檀2019」が外交的白檀、「サイレンス」が内向的白檀でしょうか。

・夏よ華
柚子の苦味のある香りから始まります。独特のえぐみがあるのでこの段階で好みがわかれるかもしれません。すぐにラベンダーやクローブの香りが出てきますが、いずれも苦くツンとしています。説明にある通りとてもシャープな香りで、あたたかみのある他の白檀系の香水とは一線を画した印象です。カクテルのモヒートを思い出しました。

以上です。付ける場所を選ばないのはやはり一番人気の白檀でしょうか。ご参考になれば幸いです。

●ハンドル:
月岡



(国分) おお、モヒート!? ラムベースにライム、ミントの炭酸割りですね、冷たく爽やか! パフューマーにとっても光栄な評価かも。モヒート、飲みたくなりました。他のレビューも他のお客様の参考になるものばかり、ありがとうございます



(2021-06-08)

TOP