香水Biz備忘録ブログ

香水メーカー武蔵野ワークスの
日々の事件や活動をお伝え

(2018年) ベタガード、使い方アイデア集
ベタガードの使い方を徹底ヒアリング。ベタガード使い方アイデア集 (2018/09/07)

ギフトに最適なベタガード


社員は全員ベタガード・ファン


当社は香水メーカーです。大量のエタノールを扱います。

また、発送作業では大量の段ボール箱・書類を扱います。手荒れがしやすい職場です。

市販のハンドクリームをいろいろ試しましたが、水洗いに対する弱さが弱点でした。あと香料で香りが付けられていることも難点でした。

(香水メーカーなので、社内では香りモノはなるべく使わない方針 = 香水の香りがわかりにくくなりますので)

様々なハンドクリームの中で、クリームタイプは水仕事に弱く、その点、ワセリンタイプは強力でした。

しかし、ワセリンだけでは、ベタつきが強すぎました。

なかなか理想的なハンドクリームがありません。ですので、ワセリンをベースに自社で改良することになりました。

いろいろな成分とそれらの配合方法・配合比率のバランスを試行錯誤して、ベタガードは「まかないクリーム」として生まれました。

今では社内の全員が愛用しています。長年、愛用しているから実際の使い方もいろいろ。社員やお客さまからヒアリングしたベタガード使い方アイデア集です:


ベタガードの使い方、トップ5



(1) 一番はもちろん、ハンドクリームとして:


・仕事の後 (とくに梱包チームは手がカサカサに)
・家事の後、寝る前と起きたときに
・ギターで爪を使うので、爪のメンテに


(2) リップクリーム:


唇や口角の荒れ防止に


(3) ボディ:


ひじやかかとのゴワゴワな部分に


(4) 鼻周りの荒れ対策:


鼻のかみ過ぎで鼻のまわりが荒れてしまったときに


(5) 花粉症対策:


花粉症の時期に鼻のまわりに (スーッとした香りが気分転換にも!)



意外な使用方法


「ハンドクリーム」を想定して開発されたベタガードですが、いろいろな使われ方があるようです。


・フェイスクリームとして


(べたつくのでは?と思いましたが、実際にしてみるといい感じ)

・甥っ子は顔全体に


塗っている (まだ20歳、お肌はピチピチしているはずなのに)

・知人はスクワランの代わりに


(好みは分かれるとお思いますが、オイルを直接塗るようなお手入れの代替として使えます)

・「かかと」や「くるぶし」に


(角質化が進んだ、進みがちな部位に強力ですよ)

・蚊に刺された子供


にちょこんと (かゆみが治まる、治りが早い気がする)

・鍵穴に潤滑油として


(風雨に飛ばされず、結構長持ちして良い)

・靴擦れ・シャツ擦れ対策に


(ランニング、ウォーキング、長距離自転車の"擦れ"対策に効果的です)


プレゼントとして


そして意外と多かった答えが、ちょっとしたプレゼントとしてでした。

・大勢でママ友に出産祝い


を贈った時、内祝いを皆さんにお返しするのに

・友達にちょっとお返し


するとき、お菓子だけだと子供たちの口に入るだけなので、ベタガードを一緒に

・友達に「平セット」


として地元ゆかりの物を集めてギフトセットにした中に (弊社は小平市にあります)



プチギフトとして配る


こんなお母さんも・・・

・大きさも値段も手ごろでパッケージがキレイ


なのでとプチプレゼントとして愛用

・女子会でのプチプレゼントに



・いつも買い物へ行く魚屋さん


の奥さんへ

・よく来る宅配業者


のお兄さんへ

・お世話になっている病院の看護師さんへ



・回覧板を持ってきたお隣さんへ




ベタベタするベタガード、ホホバオイルも配合されていますので、ワセリンそのものよりのびも良くなめらかです。

ただし、つけすぎるとテレビのリモコンやスマートフォンの画面がベタベタに。両手両足にいっぺんにつけてしまいしばらく動けなかった、なんてことになりますので、付けすぎにご注意ください。


「化粧下地 (下地クリーム) として使えますか?」


最後に、よくいただくご質問「化粧下地 (下地クリーム) として使えますか?」

ベタガードはシンプル処方で刺激も少ないので、化粧下地としてお顔にもご使用いただけます。

ただし、化粧下地本来の機能 (ファンデーションの持ちや乗りを良くするなど) は持ち合わせておりません。お手持ちの化粧品やファンデーションで一度試されることをおすすします。



ダブル・ベタガードはお得でオススメ!


ダブル・ベタガードプログラムを今年も実施します。

社内スタッフには、社員割引制度があり会社製品は少し安くなるのですが、ダブルベタは社員割引より断然お得なんです。

多くのスタッフが、このキャンペーン期間中に自分たちのベタガードにまとめて入手します。お客様にもこの機会に「まとめ買い」をオススメします。


ベタガード



(2018-09-07)
page top:▲
ウスギモクセイ、二度目の開花
この膨らみなら明日には開花するでしょう・・ (2018/09/07)


( ウスギモクセイの開花直前、香りもうっすら漂っています )


大きなつぼみ


先日投稿した2018年、薄黄木犀の初開花の二度目の開花が訪れようとしています。

こちらは薄黄木犀(ウスギモクセイ)、キンモクセイではありませんが、キンモクセイの開花も今年は若干早まりそうな予感。

(2018-09-07)
page top:▲
ローズジェルが終わる
数年前から覚悟していたが・・ (2018/08/19)

武蔵野ワークス ローズジェル
( 現在の「ローズジェル」の外見、この記事の下の方に初期の製品写真あり )


2006年からはじまったローズジェル


このスキンケアジェルは、国分が肝いりで、開発販売を行ってきた商品。2006年に完成して正式リリースはたしか2007年。

当時は、日本中ローズブームの真っ直中で、食もコスメも、ローズを出せばヒットという状況でした。

当社にはそんなブームに乗るつもりは、さらさらなかった。

ローズは、香水原料の女王的存在ですし、世界のパフューマーにとって永遠のテーマ。

(到達できないけど)

香水関連の人間にとって、ローズはどこまでも不動の存在ですので、ブームであろうとなかろうと、ほぼ関係ない。

たまたまタイミングが重なってローズスキンケアで市場に参入、ブームのおかげか、最初の数年は順調に売上を伸ばしました。


12年間の感想


その後は、リピーター様のおかげて続いてきました。ただし、飛躍も見いだせず、本当に静かな存在になっています。

この製品の処方制作は30代の女性が行いました。期待通りに女性のための優しいスキンケアに仕上がりました。

クリームとジェルの違いですが、化粧品業界では明確な違いは定義されていません。

一般的には、クリームは油溶性ベースのスキンケア、ジェルは水溶性ベースのスキンケアで、ジェルの方がクリームより、ベタつかずさっぱり使えるというイメージ。

私たちが、クリームでなくジェルを採用した一番の理由は、香りの立ち方でした。

クリームは、ローズの香り分子を閉じ込めやすい性質があり、香りの立ち方が弱い、その点、ジェルの方が軽い香り立ち、これが決め手となった。

しかし、スキンケアは、お肌の保護が一番の目的、その点では油分が強いクリームの方に軍配が上がりやすい。

そして、最大の失敗は、ローズの香り(この場合、ローズの花ではなくローズオイルの香り)は、予想外に愛されていないこと。

この事実は、製品をリリースしてすぐに判明した。その瞬間、私の中でローズオイルを配合する意味が失われた。これは素直に驚き反省した。

(敗北)

それに、考えてみればフェイシャル・スキンケアは、やはり、コスメの本丸。

内外のハイブランドから中堅ブランド、そしてやる気満々の怪しい一発屋や海千山千まで、多彩な役者が渦巻くコスメ激戦区、未経験な私たちがいきなり勝負を挑んだこと自体、勇気があり過ぎた。

武蔵野ワークス ローズジェル初期バージョン
( 初期の「ローズジェル」の写真、このイメージ、バレリーナの優雅な舞・・のはずだったが、レイザーラモンさんのポーズとオーバーラップしてしまった・・ )


この秋、最後の生産


ローズジェルは、毎年秋、その翌年分の生産を行う体制を維持してきました。

今年は、来月の生産を予定していますが、この生産が最後となります。そして、商品の販売終了とともに、いったんこのプロダクトラインを終了することにしました。

(残念)

リリース以来、長年、変わらずにご愛用いただいたお客さまには申し訳なく、この記事はどう切り出そうかと迷いましたが、このような事情です。

今年も12月には、恒例のローズジェル・ホールセールが開催されます。楽しんでいただければ幸いです。

(12月のイベントを今からアナウンスするのも早すぎるが、ローズジェルを愛して下さったなるべく多くのお客さまに到達・周知できるよう、何度か告知や記事をアップしていきます)


ローズジェル

(2018-09-04)
page top:▲
限定版ですが「こまめ」完成
金木犀キャンペーンのプレゼントとして限定生産中 (2018/09/04)

ネイルケアこまめ
(限定生産版「ネイルケアこまめ」 工場長が昨夜撮影したこまめ、製造は順調。写真は大きく巨大に見えますが、ベタガードと同じサイズの容器 = 小さくハンディなサイズ、ご注意ください )


爪ケアの基本 = "健全なターンオーバー"


爪の悩み・トラブルに苦しむ人は少なくありません。二枚爪・割れ・欠け・変形・・・加齢とともに発生しがちな「縦線」もマダムたちのちょっとした悩み。

手の爪は、3ヶ月程度で生え替わります (足はそれより遅く3ヶ月から6ヶ月)。

二枚爪 や ひび割れ爪 でも、3ヶ月で入れ替わりますので、時間をかければ新しくなる。なので新しく生えてくる爪がトラブルに陥らないようすることが肝要。

つまり「爪のケア = 爪の健全なターンオーバーを促す


イノンドと爪


イノンドとは生薬や食品として利用されるセリ科のハーブで、英語名はディル。肉料理の付け合わせ野菜としてよく食べられます。

イノンドの種子は爪の成長を促すことが、経験則・民間療法的に知られていました。その理由は、爪の成長を促すインボルクリンという人の体内のホルモンの生成を助けるためです。

「こまめ」には、イノンド種子エキスが配合されています。


(ディル = イノンドの花。フェンネルに似ていて区別しにくい)


「こまめ」のターゲット


(1) 爪と指を乾燥から守る
(2) 爪の健やかな成長

爪も皮膚の一部ですから、ケアといえば「スキンケアの大原則 = 保湿」が基本、ですのでクリームベースの基材となりました。

「爪の健やかな成長」を促進する役割は、ディルシードのエキスに期待しています。


お客さまの感想


「こまめ」は、今年5月に小さな容器で5月キャンペーンプレゼント(非売品)として商品化されました。下記はお客さまの感想です:

・習慣になりました
夜テレビを見ながら、リラックスタイムにこまめを足と手の爪に塗っています。足は、以前、巻き爪に苦しんでいて改善はしていたものの、爪の色が黒いままで見るからに不健康そうな爪でした。

こまめを数ヶ月塗ると次第にピンク色が戻りつつあります。ツヤもでてきた感じです。手の爪は、もともと薄くて割れがちでしたが丈夫になりました。見える結果が出て自分の爪を見ることが楽しいし、メンテも続けられそう。

・割れずに伸びて
こまめを毎日1~2回塗っています。爪がとにかく弱く、ネイルベッドを育てるために伸ばしてもすぐに横から亀裂が入り割れてしまいます。

特に人差し指は1ミリ伸ばすのが限界でした。が、こまめを塗り始めて1ヶ月あまり。気づけば2ミリ以上、割れずに伸びていました。表面も縦じわが薄くなっています。ちょうど、ブログに上がっていた1ヶ月後の写真と同じ感じです。

キューティクルオイルだと職場で仕事中に塗るのは、見た目的にサボっているようで使いづらかったのですがこまめはハンドクリームを塗っているのと変わらないので、気兼ねなく使えます。


限定生産版こまめ仕様


【ネイルケアこまめ Nail Care Komame】
●成分:水、ホホバ種子油、オリーブ果実油、シア脂、プロパンジオール、(アクリル酸ヒドロキシエチル/アクリロイルジメチルタウリンNa)コポリマー、アルガニアスピノサ核油、スクワラン、イノンド種子エキス、ポリソルベート60、イソステアリン酸ソルビタン、トコフェロール、メチルパラベン、香料 ●容量:8g

【使用方法】
日に1回から数回程度、「こまめ」を爪全体に薄く塗り、マッサージをするように伸ばしてください。ベタガードをその上から重ね塗りすれば、さらに効果的です。



※限定生産版ネイルケア「こまめ」は、商品としても販売予定です(定価¥700、在庫切れで販売終了)



■関連記事:
(2018年) 金木犀キャンペーン
(2018-09-04)
page top:▲
調香セミナー (京成バラ園)
ひさしぶりの超入門・調香セミナー (2018/09/02)

セミナー
( セミナー風景、はじめての香水作り )


次回セミナーは、11月3日(?)


千葉県にある京成バラ園さんにて開催予定です。

詳細が、まだ発表されていませんので、確実ではないのですが、11月3日の予定です。

(主催は当社でなく、京成バラ園さん)

テーマは「ローズ香水を創る」。受付は、おそらく10月1日からではないかと。詳細が決まりましたら、再度、正確な情報を掲載いたします。


セミナーの内容


当社では、まれに調香セミナーを開催しています。

調香経験がない初心者を対象とした入門ですので、難しい話はありませんが、調香師(パフューマー)になったつもりで、本物の調香体験をしていただくことが趣旨です。

最初に理論や前知識は多少お話ししますが、実習重視で香水を制作していただきます。

とはいってもイメージ通りの香水を初心者がいきなり作れるわけもなく、現実には、おおむね "出たところ勝負の香水作り" になります。

なので、どんな香りになるか、それなりにスリリングな1時間です。

講師は今回も国分が担当します。

お申し込みは、当社ではなく京成バラ園さんローズショップさんへ。受付がはじまったら再度ご案内いたします。


ひさびさセミナー


当社では自社内でもセミナーを開催しておりましたが、しばらく開催しておりません。

また他の企業さんや団体さんから、社員さん・会員さん向けの調香セミナー開催の依頼をいただくことがあります。

ありがたいことです。しかし、多忙のため、現状すべてお断りしております。

ですので、久々のセミナーです。

調香に関心ある方は、トライしてはいかが?


(2018-09-02)
page top:▲
2018年、薄黄木犀の初開花
猛暑の中、満開を迎えました (2018/08/28)

在庫切れinfo
( ウスギモクセイ、2018年の初の開花、東京・武蔵国分寺公園 )


キンモクセイとウスギモクセイ


涼しくった頃に咲くのがキンモクセイ。キンモクセイが咲くと香りが周辺に漂います。

その香りを感じると、日本の秋は本格的にはじまるイメージですよね。

上の写真は、キンモクセイではなくウスギモクセイ。

キンモクセイの変種と言われるが、実はよくわからない。キンモクセイの方が、ウスギモクセイの変種という可能性もあるが、誰も正確にはわからない。


8月に咲くようになった近所のウスギ


当社近く、武蔵国分寺公園内にあるウスギモクセイは、ここ数年、8月の終わり頃に咲くように(以前は、9月中旬)。そして、9月にも再度咲くので二度咲きが近年のパターン。

昨日、東京は36度超えのたいへんな猛暑日ながら、公園の周囲はウスギモクセイの香りに包まれていました。

ウスギモクセイは、キンモクセイほどパワフルではありませんが、キンモクセイとよく似た香りを穏やかに発する。

人によっては感じないかもしれないが、感じる人には一足早い秋の実感です。

「暑い暑い」と言っていても植物たちは確実に秋に向けている・・とか思いきや、それは植物だけでない、私たちのカラダも秋に向かっているそうです。

(整体の先生 = ときどきメンテナンスに通う先生の説)


植物も人のカラダも秋に向かっている


お盆を過ぎた頃から、人のカラダは、秋に向かって、かすかな収縮がはじまるそうです。

自身では感じない程度のかすかな生理的な変化だそうで。

暑くて苦しい毎日ですが、カラダはちゃんと季節の変化を感じ取っているんですね。

カラダは、夏の終わりを知っている

(チコちゃんのような言い方ですね)

一ヶ月後にはキンモクセイの香りが日本中に漂うことでしょう。


(2018-08-28)
page top:▲
search
Blog2(72), ブルガリアンローズ(23), 花の香り(21), ローズジェル(20), 香水セミナー(18), moved(18), 香水ボトル(17), 人生(17), ベタガード(16), 白檀香水(13), 練り香水(12), メンズ香水(12), 香水ビジネス(11), ムスク(11), 香りの話題(11), モテ香水(10), 精油(10), 『香る生活』(10), 銀の抗菌防臭(10), アイテム(9), 香水ニュース(7), ローズウォーター(7), 体臭(6), ベチバー(6), 香りと無関係な話題(5), スキンケア(5), 香りと健康(4), アンチエイジング(4), ネイルケアこまめ(4), 企画・イベント(4), 廃盤&復刻(4), アロマテラピー(4), お茶(4), 調香師(パフューマー)(4), メルマガ(3), 香辛料(3), 香水の悩み(3), 香水カグー(3), 店舗(3), OEM(3), 使い方(3), コスメ名言(3), お客さま投書(3), 感想(3), 安眠と香り(3), 化粧品原料(3), 動画(2), ブランド(2), 使用期限(2), ローズ香水(2), sns(2), スモカワ(2), 香料(2), 5月の贈り物(2), Amazon(2), 香水の販促(2), 犯罪(1), スピリチュアル(1), スリーピングミスト(1), ハニーサックル(1), ユリ(1), 沈香(1), 香水月桃(1), 悪臭(1), フェロモン香水(1), ローズマリー(1), 香水「摩天楼」(1), 社内風景(1), エコ・プロジェクト(1), 香水の取り方(1), 香水の落とし方(1), モバイル(1), 検索ワード(1), ローズの贈り物(1), お酒と香水(1), マスコミ(1), 香水市場(1), シャワージェル(1), 嗅覚(きゅうかく)(1), ジャスミン(1), 商品開発(1), 香水展示会(1), 香木系の香り(1), プチギフト(1),