香水Biz備忘録

営業担当の国分が
小さな香水メーカーの
日々の事件や活動をお伝え

シワ関連コスメの複雑な話
シワ取りコスメがあったら夢のような話ですが、なかなか (2018/08/05)

リンクルケア
( 誰にも訪れる切実な瞬間 )


人気のリンクルケア


「シワ」の英語は「リンクル」(Wrinkle)。近年、このリンクルケア(シワ取り)関連のコスメが人気です。

ちょっと気になりだした人には、気になる部分。

リンクルケアは、最近では男性にとっても気になる分野です。目の下のたるみ・シワをケアする男性用の化粧品広告もよく目にするようになりました。

(私が中年男性だからか、webでは、追いかけてくるように男性用の目の下たるみ広告が表示される、ターゲティング広告、うっとうしいな)


シワに効く化粧品?


ところで、リンクルケア化粧品って、シワをなくしてくれる何かといったイメージですが、本当にシワは消えるのでしょうか?

シワとは、皮膚が乾燥し水分が失われ、一部の表皮の細胞が線上に失われた状態です。

問題は、局地的な細胞の損失ではなく、皮膚全体のコラーゲンやセラミドが失われ、皮膚を構成する層が全体的にシュリンクし薄くなっている点。

加齢に伴う自然な現象(老化)ですので、これを何とかするとしたら大変なこと。

こんな皮膚を、もう一度、赤ちゃんの肌のように再生する!となると、これは、もはや再生医療の分野で、iPS細胞(多能性幹細胞)がどうのこうの、といった話。

化粧品では、できない分野・領域なんです。

化粧品は、医薬品や医療行為に関わる分野とは明確に線引きすることが、薬事法によって明記されていますから、本格的なシワ取りは、法的にも無理なんです。


リンクルケア、現実的な目標


そんなわけで、できてしまったシワをコスメでなんとかするという奇跡は、やはり、厳しい。

現実的には、リンクルケア化粧品に求められる機能は下記ではないでしょうか:

(1) 予防 → これ以上シワを増やさない・広げない・深くしない

(2) 遅延 → シワの拡大を、なるべく遅らせる・穏やかにする

(3) メイクアップ → 見た目、シワを見えなくする or 目立たなくする


即効性があるリンクルケア


この中で、メイクアップは、完全にシワ治療やアンチエイジングとは無縁で、とりあえず、目先、見えなくしてほしいという願いを満たすためのコスメ。

即効性がある点で、一番、現実的なリンクルケアと私は考えます。

洗顔で元に戻りますが、重要な機能です。

そんなわけで、リンクルケア化粧品は、(1)シワ予防と (2)遅延と (3)メイクアップを総合的に包括した製品が多いと思います。


肌の不老技術はできるのか?


医療分野でのシワ取りはできるかという話ですが、一般人が気軽にiPS細胞というわけにもいきません。

技術も未確立ですし、そもそも肌を衰えさせないという不老(アンチエイジング)技術が確立されるか不明です。

なので、医療分野でも、現実的なシワ取りの選択肢は多くありませんが、たとえば、ヒアルロン酸注射などは即効性があり、多くの事例があります。

ボツリヌス菌注射も有名ですよね。

しかし、これらは人の体が自分で生み出した成分でありませんし、定期的に注入し続ける(頻度や注入量の変化も)というというマイナス面もあり賛否は両論。

というわけで、医療分野でも厳しいシワ取り、医薬品でも厳しい、まして化粧品でなんとかするという話は、なかなか厳しい。


シワというコトバも御法度


ところで、化粧品では商品名に「シワ」「リンクル」というコトバは使用できません。

シワ取りという医療分野の効果効能をイメージさせるためです。

もし使う場合は、最低でも"化粧品"からワンランク難度上げして"医薬部外品"にしなければいけません。

これは、お金がかかります。

臨床データや決められた資料を厚生労働省に提出し許可・承認を受けるというプロセスが必要。

医薬部外品は、特に近年、資金的に中小のコスメ会社にとって、なかなか手が届きにくいカテゴリーになっています。

というわけで、私たちには、リンクルケアの開発製造は限界がありますので、せめてアイクリームを作ることにしました。


我らのアイクリーム製造予定


アイクリームは、文字通り読めば「眼のクリーム」ですが、一般市場での慣用上のイメージは「目の周辺に塗るクリーム」。

(複雑でしょ?)

すでに何度か試作しました。少数のモニターさまにもお配りしましたが、私自身、まだ全然納得できないレベルです。

完成度が上がってきたら、多めに試作品を制作して、希望者にお配りする予定です。

(冬かな?)

この製品の特徴は、ただ一点、ローズマリーエキスを配合すること。

(それを入れたいがために、アイクリームの開発が始まったという経緯が実情)

関心ある方は、ご期待下さい。

("小さめ"にご期待下さい、でも配布は本当です、それを励みに試作中ですので)



(2018-08-08)
page top:▲
柔軟剤の香り、強すぎない?
6、7年くらい前から、人々の衣服のニオイが強くなったなと感じました。その原因は柔軟剤でした (2018/08/08)

リンクルケア
(私の周囲では、最近の柔軟剤は香りが強すぎるという人が圧倒的に多いのですが、世間の人々はそうでもないようです)


柔軟剤の香りへの賛否


世間の人々の衣服から漂う柔軟剤の香りに対して、私は、よい香りという認識はあまりなく、むしろ、気分が悪くなる香りが多いようです。

こんな強い香りを人々は求めているのだろうか?とずっと疑問に思っていますが、売れ続けている現状を考えれば、これが一般的に好まれる香りなんでしょう。

一方で、香りが強すぎる柔軟剤に苦しんでいる人々も増えています。

私は香水メーカーでフレグランスの開発や販売を担当している人間なので、他社さまの香りにケチを付けられる立場ではありません。

しかし、現在の柔軟剤は、やりすぎな製品もあると感じます。


昔は、無香・無臭が主流だったのに


思い返してみれば、以前の世間の風潮は「無香料・無臭・微香」が長いこと主流でした。

1990年代は「無香・無臭」が好まれており、メーカー側もそれをウリにしていた時代です。

コスメやトイレタリー製品には、『無香・微香』といった文字が躍っていたものです。

(若い世代には信じられないかも)

この時代の香りのトレンドは、バブルがはじけた後ですので、自然回帰的な傾向もあり、香水もナチュラルな香りが好まれました。

植物精油の香りを楽しむアロマブームも大いに盛り上がりを見せた時代です。

とはいっても、コスメもトイレタリーも、無香・無臭に近づけるために、逆に多めの香料を使った製品も散見され、本末転倒な製品も多かったものです。

しかし、とりあえず人々の間に、プンプンにおわせることをよしとする風潮はありませんでした。


今も昔も肩身は狭い


無香・無臭トレンドの時代、当社のような香水メーカーは、肩身が狭い思いをしていましたが、2000年に入ると、状況は徐々に変化。

香りは楽しい、香りがほしいという人々も増えてきて、化粧品やトイレタリーへの香り付けも復活基調を感じましたね。

このまま穏やかによい香りへの回帰が進めば、当社のような香水メーカーには追い風になると期待したものです。

しかし、強烈なニオイの柔軟剤が売れ始めると、私には、世間は、突然、不自然なニオイへの突進してしまったような印象でした。

(どうして、こうも真逆な状況へ?)

現在、一部の人々からは、香水やフレグランスは悪者と見なされることもあり、現在も肩身が狭く感じることがあります。


トレンド変化の原因は?


無香・無臭がよかった時代から、真逆トレンドへ振れる理由は何なのか?

長い間、自分の中のテーマですが、原因はよくわかりません。

景気がよくなると女性のスカートが短くなる、とかよく言われます。

香りも経済状況と関連があるかもと考えたりします。

2012年アベノミクス始まると、株価は急上昇。我々の実質的な所得は別として、国全体の景気は、拡大した時代です。

もしかしたら、ブル経済に入ると強いイケイケな香りが好まれて、ベア経済局面では逆になるのか、たとえば、1990年代はバブル後の清貧の時代、たしかにトレンドは無香・無臭でした。


今後の予想


現在、世界経済は、米中貿易バトルの勃発で不透明感を増していますし、国内の産業基盤と市場を失い続ける日本経済の将来性は、もはや誰の目にもはっきり・くっきり。

そろそろ景気も曲がり角かなと思うこの頃です。

(株価は依然強いですが)

そうなると香りトレンドも曲がる頃かな、と動向を見守っています。

(香り強さや、不自然に長く持続することを強調するテレビCMは、減少傾向にある気もします)


(2018-08-08)
page top:▲
コンビニ決済は「後払い」が便利
先月のブログ記事「なりすまし注文」は、お客さまからの反応があり、意外にも関心を引いたので、その第二弾 (2018/08/08)

リンクルケア
( ネット通販黎明期からあるコンビニ決済、当初は「後払い」のみでした )


コンビニ決済のメリット


クレジット番号の入力をためらう方には、コンビニ決済は、安心で便利な決済方法です。

誰が発明したのか、コンビニ決済は、ネット通販の勃興期から存在していました。

現在のコンビニ決済は、"前払い"が主流ですが、以前は"後払い"しかありませんでした。

"後払い"のメリットは、購入者には大きいのですが、販売側にとっては、払ってもらえないリスクがあります。

そのため"前払い"の仕組みが生まれ、通販会社に普及していったと推測します。

当社は、現在も "後払い" にこだわっています。


なぜ"後払い"を維持したい?


自分が買い物する立場だったら?・・・"後払い"の方が断然便利だから。

買いたいと思っても、まずはコンビニに行って支払手続き?となると、ちょっとお買い物の気持ちが萎えるかも。

それを思うと"後払い"の方が便利だし、当社も購入してもらえる確率が上がってビジネス的にも有利と判断しています。

一方、多くの通販会社は、コンビニ"後払い"のリスクに非常に敏感です。

ある他社の営業マンから、当社がコンビニ"後払い"派であることを知って、未回収率を質問されました。「3%以下」と答えると、それは奇跡とか言って驚いていました。


フェアなお客さまに恵まれている現状


海外では、後払いは、成立しない形態でしょう。

たとえば、モスクワで通販事業をしていた商事会社の人(日本人)と話したことがありますが、「クレジットカードでも信用できない」と。

モスクワのスーパーマーケットでは、バッグや鞄は、入り口備え付けのビニールでぐるぐる巻きにしないと入れてくれないお店がいっぱいあります。

(黒服の人が立っていて、怖い印象)

それだけ万引きが多く、犯罪も多いわけで、後払いなどロシアでやったら「取られ放題!」という感じですかね。

しかし、ここ日本では成立します。

そして、特に当社はフェアなお客さまに恵まれていると感謝しています。


意図的な犯罪


しかし、ごくごく希ですが、最初からそれが目的で商品購入する人間もいないわけではない。

そういう人々の特徴は明確です。

最初の注文では検知できませんが、犯罪に成功すると、繰り返す傾向があります。

そのときに特徴が出ます:

・氏名やメールアドレスが変化しており、同一人物であることが特定しにくい

・住所も微妙に変わっている

・電話番号も、読者のみなさまの予想通りです、着信拒否か虚偽の番号


たとえば、住所が違うと商品が届かないはず。

これが届くのです、なぜか?

調べると住所は違っていても、現地の配送センターまで届けば、ドライバーさんが「この人の荷物はここに届ける」という暗黙の仕組みができあがっているケースもありました。


検索でターゲットを探す人々


商品詐取が目的の人々は、当社の製品が好きで購入しているわけでなく、「通販 コンビニ後払い」などのワードで検索して、そういう通販会社をターゲットに来店していると推測されます。

(こうやって詐取された商品が、メルカリで売られていることを発見したことがありますが、悲しかったな)

余談ですが、Amazonや楽天では「食品 後払い」というワードでの検索が多数あるとか、こちらは詐取などではなく切実な予感が。


現在は対策を立てています


2年くらい前から、本当に悪質な人は対策すべきという方針になり、検知体制を強化しました。

先月、なりすまし注文の記事を投稿したら、あるお客さまから「コンビニ後払いは、実績があるリピーターさん限定にしたらどうですか?」という暖かいアドバイスをいただきました。

しかし、リピーターさんかどうかの判定が、ネット通販では、なかなか難しくて厳しいようです。


今後も、コンビニ"後払い"、可能な限り続けていくつもりです。



(2018-08-08)
page top:▲
シール配布中
シールでできあがりました、本日より配布を開始しました (2018/08/03)

記念シール、できました


先日のブログにて、お伝えした「マステ生地の fragrance.co.jp 記念シール」が入荷しました。

さっそく本日より配布します。

今月末(8月末)まで、すべてのお買い物のお客さまに同梱しました。



(2018-08-05)
page top:▲
マステ生地の記念シール
かわいいギブアウェイを制作中、これも fragrance.co.jp の告知活動の一つ (2018/07/26)

ギブアウェイ・シール制作中
( fragrance.co.jp 記念シール )


なぜ、オリジナルシールの制作?


「fragrance.co.jp」という新しいドメイン名に移行しました。

これを記念して、"新しいドメイン名になりました" 告知活動をしよう、ということになり、社内アイデアを募集した結果、オリジナルのマスキングテープ制作案が出ました。

これは、残念ながら、コスト的に難しかった。

で、この分野でいつもお世話になっている信陽堂さんに相談すると、"マステ生地のシールはどう?"と返され、乗りました。


かわいいシール


上の写真は、試作が上がってきたところ。できたてのサンプル。

香りやフレグランスとは違うモチーフも多い。フレグランスとは、縁が薄そうな「動物率」が高い絵柄ですが、かわいいでしょ?

私のようなオジサンからすれば、かわいい動物シールをもらっても、どう使ってよいか思いつきませんが、女性スタッフに聞くと、使い途はいろいろ、心配ありませんよ!とのこと。

マステ生地だと、はがせて再度使える点がメリットらしい。

(とは言われても、どういうシチュエーションで使われるのだろうか?)


配布時期などは追って・・・


8月中旬には、お買い物のお客さまに配布開始できると思います。

喜んでもらえるギブアウェイになることを祈るばかり。

なお、配布時期や条件について、具体的なことは8月上旬までに決定し、このブログやメルマガなどにておしらせいたします。


(後日追加) → 8月3日より8月末まで、すべてのお買い物に同梱されます




(2018-07-26)
page top:▲
Amazon Pay を導入
Amazonアカウントでお支払いが可能に (2018/07/20)

amazon_pay_video
( Amazonのアカウントで決済できるようになりました )


こんにちは。国分です。毎日暑いですね。今日のブログは、決済方法に Amazon Pay が追加されたというお知らせです。

あふれるID・パスワード、多すぎ!


一般的な通販会社では、「ゲスト購入」と「会員登録購入」の2ウエイ方式が多いのですが、当社では会員登録制を持たないことにこだわってきました。

つまり、毎回「ゲスト購入」しかありません。

その理由は、会員登録制にすると、お客さまにとっては、ID・パスワードが増えます。

当社のような小さな会社でも個別にID・パスワードを発行する方式って、どうだろ?・・と考えたとき、自分なら、もうこれ以上、ID・パスワードを増やしたくないと思います。

(自分が管理しているID・パスワードを数えたこと、ありますか? ネットをよく使う人なら、50個や100個、軽く越えている人も多い、だけでなく、そもそも会員登録した事実を忘れているケース、よくある)


リピートの際の手間が問題


当社方式の大きな課題が、毎回、氏名・住所・カード番号を入力しなければならない手間!

当社お客さまは、リピート比率が高いので、数年前から、どうしよう?と揺らいでいました。

しかし、会員登録制にはしたくない、そんなとき、Amazon Payがサービスイン。


Amazon Payは渡りに船


Amazonにアカウントを作成している人は多い。Amazonアカウントを利用すれば、氏名・住所・カード番号を別途入力する必要はありません。

特に心配なクレジット番号は、Amazonのセキュリティ内で完結し、当社にも他社にも開示されることはないので、お客さまにとっても安心感があります。


当社お買い物で、Amazon Payの利用方法


簡単です。通常のお買い物をして、レジ画面に行くと、次の二つのボタンが表示されます。

・「このサイトでお支払い」ボタン
・「Amazon Pay (Amazonアカウントで支払う)」ボタン


「このサイトでお支払い」を選択すれば、当社独自のお支払い画面、
「Amazon Pay」を選択すれば、Amazonのログイン画面になります。

説明よりも、実際にやってもらった方が、わかりやすいでしょう。

次回のお買い物のとき、お試し下さい。


amazon_pay
( 説明より、実際の方が、わかりやすい )



(2018-07-24)
page top:▲
search
Blog2(72), ブルガリアンローズ(23), 花の香り(21), ローズジェル(20), 香水セミナー(18), moved(18), 香水ボトル(17), 人生(17), ベタガード(15), 白檀香水(13), 練り香水(12), メンズ香水(12), 香水ビジネス(11), ムスク(11), 香りの話題(11), 『香る生活』(10), 銀の抗菌防臭(10), モテ香水(10), 精油(10), アイテム(9), 香水ニュース(7), ローズウォーター(7), ベチバー(6), 体臭(6), 香りと無関係な話題(5), スキンケア(5), 廃盤&復刻(4), アンチエイジング(4), 香りと健康(4), 企画・イベント(4), アロマテラピー(4), お茶(4), 調香師(パフューマー)(4), コスメ名言(3), 香辛料(3), 店舗(3), 香水の悩み(3), 香水カグー(3), 使い方(3), メルマガ(3), OEM(3), ネイルケアこまめ(3), 安眠と香り(3), お客さま投書(3), 化粧品原料(3), 感想(3), sns(2), 使用期限(2), ブランド(2), Amazon(2), 動画(2), ローズ香水(2), 香料(2), 5月の贈り物(2), スモカワ(2), 香水の販促(2), ユリ(1), ローズマリー(1), 犯罪(1), ハニーサックル(1), フェロモン香水(1), 香水「摩天楼」(1), スピリチュアル(1), 香水月桃(1), 悪臭(1), 沈香(1), スリーピングミスト(1), 社内風景(1), 香水の取り方(1), 香水の落とし方(1), マスコミ(1), エコ・プロジェクト(1), 検索ワード(1), お酒と香水(1), モバイル(1), ジャスミン(1), 香水市場(1), シャワージェル(1), プチギフト(1), 商品開発(1), ローズの贈り物(1), 香水展示会(1), 香木系の香り(1), 嗅覚(きゅうかく)(1),