香水biz ブログ

( 香水工場の日常 )

国産ですか?
たまに聞かれますので・・ (2021/06/02)

日本地図( デフォルメした日本地図、私の手作り )


国産ですか?


はい、そうですよ。

ただし、原料に関しては国内で調達できないものも多く、輸入が多いですね。

製造はオール国産です。


(2021-06-05)

香水biz ブログ

( 香水工場の日常 )

フローラル・フォーシーズンズ、なんとか取れました
リスク対策として・・ (2021/06/04)

勝訴( あくまでパロディですよ )


20年前の失敗


実は「フローラル・フォーシーズンズ」は、以前、特許庁に申請したのですが、却下されました。

却下理由はよく覚えていません。

普通名詞すぎたのかな?・・


商標問題のリスク


商標は、他者に損害を与えず、異議申し立てする人がいなければ、なくてもうまく行くはず。

しかし、世の中、いろいろです。

また、近年では、中国で日本の地名なども商標化される事例が多いため、グローバル時代には、厳しい現実があります。

今回、特許事務所さん経由で「フローラル・フォーシーズンズ」を再申請し、なんとか通りました。

(よかった・・)


ドメイン名も


ついでにドメイン名も取得しました。

こちらも、サイト活動というより、どちらかと言えば、他社さんに取得されて、あとで問題になることへのリスク対策。

現在、このサイトには、当社メイン・サイトへのリンクを張っているだけです。

ドメイン名:www.floral4seasons.com


中国で取られている名称


今回、商標問題の記事を書いたので、ちなみに、中国では当社に近い名称の商標取られているかな?・・と調べてみました:

http://wcjs.sbj.cnipa.gov.cn/txnT01.do

・武蔵野
・MUSASHINO WORKS
・FLORA 4 SEASONS

これらは中国の会社さんに取得されていました。

とくに「MUSASHINO WORKS」は痛い、当社の社名そのままが取られているではないか。

残念でござる。

・・・がんばって他国の商標など調べたので、エネルギー消耗、お腹がすきました、今日のブログはここまで。






(2021-06-04)

香水biz ブログ

( 香水工場の日常 )

香水・フレグランスの名言
あたなはどの言葉がお好き?・・ (2021/05/30)

香水名言(英語)( スーパームーン、日本でも数日前に出現しました。ふしぎな力があるとされ、この日に香水を創ってほしいという人がいます。スピリチュアルな香水になるのでしょうか )


かなかな含蓄深し


欧米圏の方は、名言が好きなようです。

本の最初のページに、誰かの名言を一言入れて、本をスタートする作家さんも多い。

そういう映画も多いですよね。
(名言でなく、「○○に捧ぐ」というやり方も多いですが)

今日は、香水やフレグランスに関する名言をお届けします。

たとえば、次の一句は、以前紹介したもの:


A women who doesn't wear perfume has no future.
・・Coco Chanel

香水を付けない女性に将来はない
・・ココ・シャネル


いやーこれは言い過ぎでしょう、と思った一句ですね。

でも、おもしろいですね。

今日はこのほか、 AZ QUOTES から10本くらいピックアップします。


香水・フレグランスの私的名言




Fragrance is the first layer of dressing, a woman's invisible body suit.
・・Donna Karan

香水は、ドレスの一番下のレイヤーになる、女性の、見えないボディスーツよ
・・ダナ・キャラン

米国のファッションデザイナー。

「ボディスーツ」の響きは、「モビルスーツ」みたいで、ボクの世代だと「ガンダム」にリンクしちゃいます。

イメージが重なって、クスッとなった一言。



The beauty of fragrance is that it speaks to your heart and hopefully someone else's.
・・Elizabeth Taylor

香水の美しさは、その人の心に語りかけるところ、そして、周囲の人のそれにも
・・エリザベス・テイラー

人によっては、香水とはファッション、他人にアピールするためのもの、と割り切っている人もいますが、自分がその香りに惚れることも大切。

エリザベス・テイラーさんは、自分自身が、香りを愛しているということでしょう、その上で可能ならば(hopefully)、他人にも伝わって欲しい、と控えめな香水愛ですね。



A fragrance is like a signature, so that even after a woman leaves the room, her fragrance should reveal she's been there.
・・Oscar de la Renta

香水とは、その人を特定する署名みないなもの、その香りは、部屋を去っても、そこに彼女がいたことを証明すべきもの
・・オスカー・デ・ラ・レンタ

米国のファッションデザイナー。

香水の制作側には、「香水 = その人の存在」を示すべきという考え方をもっている人がいます。

この思想を重視しすぎると、凄い残り香になることも。



Two things make the women unforgettable, their tears and their perfume.
・・Sacha Guitry

二つことが、その女性の忘れがたい印象となる、それは彼女たちの涙と香水の香り
・・サシャ・ギトリ

サシャ・ギトリ氏はフランスの劇作家、映画監督。



Long after one has forgotten what a woman wore, the memory of her perfume lingers.
・・Christian Dior

時間が経てば、女性がどんな服を着ていたか忘れてしまうが、香水の香りはいつまでも記憶に残る
・・クリスチャン・ディオール

クリスチャン・ディオール氏は、フランスのファッションデザイナー。

彼は、本当は、何を着ていたか、かなり覚えているに違いない。



Make me a fragrance that smells like love
・・Christian Dior

ボクを愛のように香る香水にしてほしい
・・クリスチャン・ディオール

「愛のように香る香水」って何?・・と思ましたね。

愛に香りはありませんからね、ちょっとわかりにくいけど、香る表現ですね。

彼はLGBTだったのですが、それらしい雰囲気が感じられます。



No elegance is possible without perfume. It is the unseen, unforgettable, ultimate accessory.
・・Coco Chanel

香水なしのエレガンスは存在しない、香水は、見えない、忘れがたい、そして究極のアクセサリー
・・ココ・シャネル

ココ・シャネル氏は、フランスのファッションデザイナー。

パフューマーではありませんが、香水愛が深く、彼女の事業は、運命的に香水に導かれた部分もあります。

一方で、戦時中、ドイツ・ナチス政権への協力者と見なされ、戦後は辛い思いをされたようです。

お墓はフランスで許されず、スイスにあります。



There are no women who do not like perfume, there are women who have not found their scent.
・・Marilyn Monroe

香水が嫌いな女性はいないけど、自分に合う香りをまだ発見できていない女性は多い
・・マリリン・モンロー

マリリン・モンローさんは、「寝香水」に関して、有名な一言「“What do I wear in bed? Why, Chanel No. 5, of course”」を放った女優さん。

「when I sleep」とか言わずに「in bed」を使うところに男心を手玉に取る力があふれてますね。



True fragrance speaks for itself. It does not require to be pointed out by the bearer.
・・Riaz Ahmed Gohar Shahi

真の香水は、それ自身が語るのだ、付けている人が説明する必要はない
・・リアズ・アフメド・ゴハール・シャヒ

「真の香水」って何?と思いましたが、クールな一言ですね。

ゴハール・シャヒ氏は、パキスタンのスピリチュアルな世界的団体 Messiah Foundation International の創設者。

これは香水だけの話でなく、すべてのモノに言えるかも。

「よい商品は、宣伝する必要がない」とも言えるかも。



"Where should one use perfume?" a young woman asked. "Wherever one wants to be kissed."
・・Coco Chanel

「香水はどこに付けるべき?」との問いに「キスしてもらいたいところなら、どこでも」
・・ココ・シャネル

恋多き女性ココが放つ一本、取られましたという感じの一句。

もし、これがリアルな会話で出たとしたら、ボクは絶対に次の言葉を返せない。

しかし、もしおもしろい言葉を返させたら、ココから友達として認められるかも。



Dignity is like a perfume; those who use it are scarcely conscious of it.
・・Christina, Queen of Sweden

威厳とは、香水みたいなもの。付けている人は、自分の香水をほぼ意識しないでしょ。
・・クリスティーナ, スェーデン女王

クリスティーナ女王は、西洋ではかなり有名な方ですが、ボクは知りませんでした。

調べると、1600年代の飛んでる女王様でした。

香水の名言と言うより、帝王学の名言ですが、香る一言なので収録。



以上、ネタ枯れ気味の国分が、無理やり香水の話題をお届けしました!

これらのコトバが、香水の楽しさに、ひと味追加してくれることを祈ります。




(2021-05-31)

香水biz ブログ

( 香水工場の日常 )

パフューマーになる方法
ナゾな職業への関心が高まってるような・・ (2021/05/28)

香水軸レビュー
( Friday Magazine のページ、日本の雑誌『Friday』とは無関係 )


ネタ切れな話題


「パフューマーになる方法」または「調香師になる方法」は、何度か書いています。

なので、また書くと「国分よ、ネタ切れか」と思われそうですが、正直、ネタ切れです。

同じネタながら、今日は視点を変えて海外の「パフューマーになる方法」をご紹介します。


パフューマー希望者が増えているか?


近年、映画の題材に取り上げられたる機会も増加気味で、パフューマーへの関心は増しているような気がします。

イメージが「錬金術師」でしょ、海外も同じイメージのようで、なんかミステリアスな職業と思われていて、気持ちがそそられるのでしょうか。


海外の「パフューマーになる方法」


「how to become a perfumer」などで検索すると、おお、こんなに、といっぱい出てきます。

検索結果の上の方から見ていきましたが、「大学では化学を専攻しよう」など、案外、具体的ではありません。

そんな中、具体的なパフューマー養成学校を紹介し、かつ年収にも触れている記事がありました、それをご紹介。

ネタ元は、UAEアラブ首長国連邦の英語の女性雑誌『Friday』。

こちらはUAE有力マスコミの一部門の雑誌社さんです。

あちらの女性誌ってどんな話題がテーマなのかな、なんて興味そそられて、ちらっとみたら・・

「生活」「ファッション」「ビューティー」「フード」「健康」・・あれれ、女性誌のテーマは世界共通ですね。

「パフューマーになる方法」は、「エキスパートに聞いてみよう!(ask-the-experts)」というコーナーにありました。

タイトルもズバリ「How to become a perfumer」とそのまま。


学校に入って、見習いになろう


かなり端折って要点だけ訳します:


Q: I want to become a perfumer・・
Q: パフューマーになりたいけど?


・Traditionally, ・・would apprentice with professional perfumers.
 伝統的にプロのパフューマーの見習いとして入ることが普通

・However, the first official school of perfumery opened in 1970
 しかし、1970年に初の本格的パフューマー養成校が開校した

・In 1970 the Institut Superieur International du Parfum (ISIPCA)
 1970年、「ISIPCA」(フランス・パリ)

・Perfumer World, founded in 1998
 1998年、「Perfumer World」(タイ)

・Later, in 2002, the Grasse Institute of Perfumery
 2002年、「the Grasse Institute of Perfumery」(フランス・グラース)

・After completion of a degree in chemistry,
 大学で化学を専攻し、その後、

・perfumers would spend about two years in a perfumery school
 2年間これらの学校で学ぶこと

・Then spend years as an assistant, an apprentice, studying under a professional
 そして、プロのパフューマーのアシスタントや見習いになってチャンスを待つのよ

・There are only about 1,000 official perfumers worldwide.
 世界には1,000人くらいのパフューマーがいる

・around $35k per year, earn six-figure salaries
 年収は400万円から、腕を上げれば1,000万くらいになるでしょう


パフューマー養成校


パフューマー養成校は、世界中にいろいろあります。

上記の学校さん、とくに「ISIPCA」と「GIP」は鉄板。

Perfumer World」さんは、今回はじめて知りました。

ネットで拝見すると、イギリスのパフューマーさんが開校されたようで、オンラインでグローバルに展開されているようです。

香水産業の伝統が長く、かつ香水産業の層が厚いイギリスではなく、なぜタイで?・・タイに旅行に行き、気に入ったので(loved it)、とどまることにした、と綴られておりました。

欧米の人々は、旅人多いですよね、世界を放浪して、気に入った土地で生きていく・・うーなんか、ノマドな世界だな・・

この3校以外に、パフューマー養成校は、世界中にいろいろあります。

日本にも、数校ありますね。


実際の話


ボクは、パフューマーでないので、詳しいことを言う資格はない。

が、知っている範囲でコメントするなら、「エキスパートに聞いてみよう!」のアドバイスは、正しい。

しかし、一番難しいのは、学校に入ることでなく、さらりと流している「プロのパフューマーのアシスタントや見習いになって」の部分かな。

学校だって数百万円はかかるが、後者はカネをかけても、うまく行くわけでない・・

どちらかといえば、学校に行くより、後者を優先した方が現実的と思うが、それができないから、まずは学校という話なんだろう。

プロのパフューマーは、フリーランスさんか、香料会社にいる。

しかし、香料会社からのパフューマーの募集枠は、近年、ほとんどないと聞いている。

だから、学校に行っても、実際にそういう所に入れるとは限らない。

しかし、学校には、香料会社から求人などが来る場合もあるし、講師陣は、案外リタイアしたパフューマーさんというケースは多い。

現役のパフューマーさんも講師としてくることもある。

それらの講師さんと仲良くなるのだ、そういう人的なつながりが、将来の道を拓くケースはある、と思う。



・・以上、今日は UAE の Friday という雑誌から紹介しました。



(2021-05-28)

香水biz ブログ

( 香水工場の日常 )

香水軸への移行プロジェクト、初レビュー
お客様の評価は、予想以上の低さだった・・ (2021/05/28)

香水軸レビュー
( フルボトルも軸になるの? と心配されている方へ、25mLフルボトルはこれからもスプレーです。※イラストは、「もしも長すぎる香水軸があったら」の空想図・・ )


4mLキューブの「スプレー → 軸」移行のプラン


今年2021年5月よりから、順次、移行を開始しています。

移行プランの公開ページでは、そのアイテムが決定され次第、発表しています。

現時点で、40アイテムのうち、4アイテムほどが軸となっています。

なお、「スプレー → 軸」移行プランは、4mLキューブのみです。25mLフルボトルは、スプレーのまま変更しません。

また、いったん軸に移行したアイテムは、もはやスプレー版はございません。


Twitterアンケートの結果


今月から、軸に移行し、ある程度軸体験をされたお客様も増えてきましたので、Twitterにて、感想を聞いてみました。

その結果が下記 (総投票数:310票):


・使いやすい・・・20.6%
・使いづらい・・・50.3%
・どちらでもない・・・14.5%
・その他・・・14.5%



私の心境は一言で言えば、(ああ~) でしたね。

好意的な評価は、わずか「20%」。

ダメ評価が半数とは、予想以上の低評価。

ボクたちは、変化に対してネガティブに感じやすい傾向がある、だから、ある程度は予想していたが、それ以上だった。

去年の軸モニターでは「80%」が好意的な評価だったので、この間の乖離についても腑に落ちない。


ダメ評価だが、今は止められない


このように、軸移行プロジェクトは、失敗の兆しを見せておりますが、現状では移行プランは止めない予定です。

(1) ファーストレビューの段階であり、軸のメリットが、まだ伝わっていない部分もあるし、他のお客様の意見も広くお聞きしたいが一つ。

(2) 大量の軸製造を発注済みという事実。もし最悪廃棄という事態になればコスト問題だけでなく、環境への無駄な負荷も問題。

(3) 不良率が高い4mLスプレーに関して、スプレーメーカーさんに改善意思がない以上、やはり放置できない。


軸移行に失望されているお客様の多さは、今回のアンケートで認識しました。

中には、「軸になったら、もう買いません!」と明確なコメントをくれた方もおられました、率直なコメントに感謝します。

対応を間違えれば、当社はたくさんのお客様を失うことになります。

そうならないよう努力します。

そして、最終的には、比較的多くのお客様に満足いただける状態へ改善していきたいと思います。



(2021-05-28)

香水biz ブログ

( 香水工場の日常 )

マスクデュー復活、しばしの間
まだまだマスクライフ、続きそうなので・・ (2021/05/28)

2021年_マスクデュー
( ラベンダーとオレンジの精油・・これらの精油、そう言えば、認知症がらみでブームとなったことが・・ )


再製造へ


マスクデューとは、ニオイ対策グッズ。

エタノールに、ラベンダー精油&オレンジ精油を溶かしただけのアロマ風マスク消臭剤なのだ。

コロナパンデミックで、すっかり国民服ごときアイテムとなったマスク。

かなりの時間、マスクの装着が強いられるので、どうしてもニオイが・・・というお悩みも増えました。

そこで、マスク内の空間に精油が香れば、ニオイ対策によさげで、しかも、精油には殺菌効果もある。これは便利と製品化しました。

最初は、プレゼントで配布、余った分は販売して、昨年12月に完売しました。

もうそれでお役目御免となったわけですが、なんと復活することになりました。


ライバル商品が多すぎる


お役目御免の理由は、マスク用の香り製品が多種多様に市販されていること。

ドラッグストアやおしゃれ雑貨ストアにて、この種の製品は、多数販売されるようになりました。

ナショナルブランドさんや大手さんの製品の方が、量産効果もあってコストパがよいもの。

12月完売時に、これは潮時と判断し撤退となりました。


Twitterアンケート


しかし、Twitter担当スタッフによると、マスクデューは、Twitterでは「それなりの評価」とのこと、そしてアンケートまで取ってきてくれました(アンケートに協力いただいた皆様、ありがとうございます!)

その結果は、驚異の「再販希望:86%」。

(え、そんなに?) は私の内なる声。

こういうアンケートは、当社をフォローしてくれている "当社に優しい人々"、結果は、間違いなく忖度(ソンタク)もの、とは、わかっているが、(案外意外)とお思いましたね。


テスト再開


もう一回リリースするとなれば、処方や形状は同じ方が良い、とはいえ、出すのなら改良点があるのか、自分自身、テストをしてから出したいと、毎日マスクデュー使っています。

精油濃度を変えたり、使用頻度を変えたり・・それで毎日、ラベンダーとオレンジ精油の香りが、自分の鼻に強制インプットされるのですが、意外と頭がスッキリとするというか・・刺激的というか、そんな感覚。

で、突然、7年前のテレビ番組を思い出しましたよ。

『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学』(2014年2月25日)


精油で認知症が改善?


精油の香りが、認知症を改善するという趣旨の番組だった。

学術的な実験結果であって、それがそのまま我々に同じ効果が期待できるとは思いませんが、まあ、おもしろい話だな~くらいに思いました。

ところが、翌日から、街のアロマショップから精油がなくなる珍事件が発生して、大変なことになりました。

しばらくあらゆる精油が品薄に陥りました。



このときは、首に下げたペンダントみたいなものに精油を入れて、揮発する香りを嗅ぐという提案でした。

しかし、個人的には、香りがカラダ周辺の広い空間に薄く拡がる感じで、ちょっと香りが薄い。

ことろが、マスクなら!

マスクに付けるわけですから、ばっちり鼻へ直行です。

もしかしたら、マスクのニオイ対策以上のありがたいこと、あるかもねと・・私の実験も、ややモチベーション高めです。

(認知症どうのという結果は、評価のしようはないですが、脳みそすっきり感の有無は体験できるかも)

というわけで、マスクデューの再リリースは、6月中旬に決定。

今回もバカ売れは期待していません、静かに細く販売したい。


【関連記事】
・販売ページ:(数量限定) マスクデュー5mLボトル
(2020/04/28) マスクデュー 作ります
(2020/04/22) 手作りマスク・スプレー


(2021-05-27)
search
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265 | 266 | 267 | 268 | 269 | 270 | 271 | 272 | 273 | 274 | 275 | 276 | 277 | 278 | 279 | 280 | 281 | 282 | 283 | 284 | 285 | 286 | 287 | 288 | 289 | 290 | 291
月一メルマガ

TOP