Home > 香水 & フレグランス入門 Home

お客様投書

下記はお客様からいただいた投書です。思いの外、さまざまなつけ方をされています。つけ方を見る限り、日本の香水文化は高い?(注意点:下記はいただいた投書をそのまま掲載したもので必ずしも当社がおすすめするつけ方ではありません)

お客様投書1

  • オーソドックスに膝より下につけています。ランジェリーにもすこし。
  • カーテンにつけておくと、窓を開けた時に風で香りが運ばれてきてほんわかします。
  • こちらのサイトで、他の方が仰っていた「お風呂の湯船にプッシュする」を先日試しました。浴室に香りが満ち、ゴージャスな気分にひたれました。香り自体もしつこくないので、使用後の浴室にこもることもなかったです。身につける時と、湯船で楽しむ時とで、香りのイメージが変わる印象がありました。サンプルで発注してしっくりこない香りも、湯船に落とすと絶妙に感じる場合があるかもしれませんね。
  • ハンカチ・ウエスト・足首・首筋・手首気分にシーンによって変えてます。後は湯槽に少々。

お客様投書2

  • よくある方法だと思いますが、足下にシュっとして、その中をくぐり抜けます。ほどよい感じに香ります。
  • 下半身に主に。特に変わった使い方はしません。TPOをわきまえた範囲で楽しんでます。
  • 奇抜でもセクシーでもありませんが、メークが終わった後、香水を吹きかけたコットンで、指先、リップブラシを拭きます。多少の汚れは気にせず、それをボトムのポケットやバッグのポケットに入れて外出します。
  • 空間にシュッとひと噴きして、その場に走って自分に付ける♪
  • 自分の手前の空間に噴きかけて、その香りの霧の中に入っていく*(よくわからない。)1点に集中せず前身にふわっと香るので気持ちイイですv(笑)
  • 自分の鼻には直接香らないように首の後ろとか、足とかにつけます
  • 小さなマスコットに香りをしみこませ、持ち歩くことかな。

お客様投書3

  • 贈り物をする時など、その贈り物にちょっとだけつけます。開けた時に自分を思い出してもらえたらうれしいな、なんて思ってます。
  • 単純な香りの場合だけですが、マニキュアにそっと一滴落として振ってから塗ると、乾いたときにかすかに良い香りがするんです。ダメになっても惜しくない透明マニキュアに落として、トップコートとして使ったりしています。人に「ありえない!」と言われますが、自分でもありえないと思います(笑)
  • 昼間というより、家に帰ってからほっとリラックスするために使っています。体ももちろんですがカーテンや枕などに一吹きするとリラックスできますよ。香りがきつくないので次の日まで残らず、気分によって香りを変えられるのも嬉しいです
  • 朝と夕方で違う物をつけることも出来るので気に入っています。朝は「沙流」夕方に「ロウバイ」とか・・夜お布団にもその日の気分でワンプッシュします。つける場所はスカートの裾やモモの辺りが多いです。子供達が耳掃除だとか膝枕だとかしてくるので、優しい香りでアロマ効果です(笑)

お客様投書4

  • 通に着物の裾とか、普通の時でしたら手首や髪の毛につけたりとかホント普通です。
  • 特別な付け方はしてません。手首か足首につけたりしてます。後は鞄の底の所に少しだけつけて、鞄の中身を出すたびに香りも楽しめるようにしたりしてます。
  • 二の腕の内側(脇ではない)に少量付けます。これは、動くときに香りますし、背の低い私には丁度良い様です。
  • 髪に振りかけて少しだけドライヤーを当てます。
  • 普段は腰の辺りにつけます。パウダリーな香りは足首に。足首だけじゃなぁと思った時には、足首から二の腕の内側へ。体が柔らかくないと出来ませんよ~(笑)。




< back | next >



PRODUCT QUANTITY TYPE
香水 & フレグランス入門 40 pages articles
【補足】