感想・レビュー

( Reviews & Voices )

水仙・ブラックべチベル・ヘルシンキ空港・サイレンス
Date: Mon, 20 Sep 2021


●投書:
以前から気になっていた武蔵野ワークスさんの香水、ついに初購入してみました。
金木犀・沈丁花・スイートピー・くちなし・蝋梅…
大好きな香りの花ばかりで悩みに悩んで、まずはひとつだけ選んでみました。

☆水仙
香りが立った途端に、たちまち春~!
キンと冷えた季節に嗅いだ大好きなあの香りだ…と早春の雰囲気も脳裏に蘇りました。

下の3つは素敵な名前と説明からインスピレーションが膨らんで仕方ないものを…
これは試してみるまでずっと気になり続ける…!と好奇心が抑えられませんでした。

☆ブラックべチベル
自然な森の香りが手元に欲しくてずっと探してなかなか見つからず、
家族に「もう普通に森に行け」と言われていたのですが、
これだー!探していたのはこれです!商品説明やレビューで好き嫌いが分かれると
書かれていたので何度も読んで悩んだのですが、大好きな要素しかありませんでした。
真夏の暑い日に針葉樹の森の横で写生をした時に、森の奥からひんやり渡ってくる風はこういう香りがしました。思わず深呼吸がしたくなります。調香師さんってすごい。

☆ヘルシンキ空港
コロナ禍の少し前に旅行で訪れた思い出深い空港です。名前を見て懐かしさでいっぱいになってしまいました。

「薄荷とヒノキの香り」と聴いていたのですが、薄荷がとてもさりげなくて決して尖らず、とても心地よくて優しい香りに包まれます。

商品説明で調香師さんが表現したかったという、広いけどよそよそしくなくて、居心地がよくて、ほどよい距離感と親しみやすさのあるあの空港の雰囲気をわたしも感じました。

☆サイレンス
なんて心地よい香りなんだ…とたちまち好きになりました。
「お寺の香り」と書いてあったのですが、決して古臭くなく、今の時代や服装にもすっと馴染むと感じます。仕事で疲れて家に帰ってこの香りがしたらすごく落ち着くなあ…こんな家に住みたい…と思いました。

どれか外れても構わないと思って蓋を開けたらどれも好みでびっくりしました。

仕事中は香水が使えず、体調が悪い時も香りで酔ってしまうのですが、この香水はさりげなくて自然で、不慣れな自分でも酔わずに使えそうです。
また気になる香りを少しずつ試してみたいです。

●ハンドル:
ちかこ



(国分) 「ほどよい距離感と親しみやすさ」の空港?・・ヘルシンキ空港のデザインや雰囲気には好意的な人が多いようですね、近年の北欧人気がわかるな~


(2021-10-05)

TOP