感想・レビュー

( Reviews & Voices )

木蓮 さくら
Date: Mon, 6 Nov 2023

●投書:
スイートピーとホワイトフリージアをフルボトルで愛用していますが寒くなってきてホワイトフリージアより温かみのある香りを探してミニボトル購入しました。

・木蓮
レモンティーとの評価が多いですが、平熱約37度と体温が高いせいかレモンが攻撃的な印象。

30分もするとまろやかになってこれがレモンティーかな、と思うとすぐ飛んでしまいます。付けた場所を直に嗅いでも残ってないです。


・さくら
最初はいわゆる桜の香りの何とかに共通の香りがありつつも石鹸の香りを思わせます。

「人気の香りは石鹸の香り」とか言われると色んな香りの石鹸あるのにと思うのでこの表現は好きじゃないのですが清潔感があるというか。

その後だんだん甘くピンクが濃く、古くさくないパウダリーという感じに。

濡れた桜の葉のような香りは最初から最後までずっと続きます。

前日まで木蓮の付け方で試行錯誤してたので何も考えず3プッシュくらいしたら付けすぎでした。しっかり香って持続します。


前に「雪うさぎ」を試したことを思い出しました。フルボトルはホワイトフリージアと迷いに迷って買わなかったのですがピンク、かわいい!という積極的にモテに向かってるけどミントの爽やかさから同性にも嫌われない女子みたいな香りだったと思います。

あの時「雪うさぎ」買って愛用してたら廃盤になってなかったのかななんてふと思ってしまいました。

●ハンドル:
-


(国分) 「あの時買って愛用してたら廃盤にならなかった?」・・『雪うさぎ』への哀悼、ありがとうございます。商業的にはうまくいきませんでしたが遊び心がある製品でした。『木蓮』は残念ですが、率直な感想が他のお役様に役立ちます。「色んな香りの石鹸あるのに」これは香水業界の人間は内心みんな感じていることなんですが「石鹸の香りの香水」を探す消費者さんが多く、香水業界では香水を売るとき決めゼリフ化しております


(2023-11-09)

TOP