沈丁花
Date: Thu, 17 Sep 2020

●投書:
3月の頭、残業終わりに家までの道を歩いていると
ふわっとどこかで嗅いだことある香りがしました。
立ち止まってきょろきょろ見渡し、すぐ近くにあった
薄ピンクの花を見つけ、それが沈丁花と知りました。
透きとおった、切ないような、とても良い香りで
どうにかもう一度嗅ぎたい、身につけたいと香水を検索。武蔵野ワークスさんで沈丁花を発見。
(お花の香水は世の中にたくさんあるけれど、意外と本物の香りとは異なってることも多く、あまり期待しすぎないようにしていましたが)届いた沈丁花の香水は夜の帰り道に香ったそのままでした。
おかげで、春の間はずっと切ない沈丁花の香りと一緒に大切に過ごすことができました。本当にありがとうございます。





●ハンドル:
さおり
  • (2020-10-01)
<< 百合と菩提樹< | >すずらん2020、柑橘系 >>
search
layout
admin

[▲page top]