香水biz ブログ

( 香水工場の日常 )

テレビCM「香水トーク」

テレビCMの話が舞い込む


こんにちは。国分です。私は人様の前に出て、人々をうならせるようなうまい話ができるタイプではありません。

が、ちょっと出てみたいモノ好きな部分もあります。テレビのカメラの前にしゃしゃり出てVサインを出す、あのお調子者の子供達に近いかもしれません。

テレビCMの話が降って湧いたように入ってきました。

テレビCMといっても地上波ではなりません。BS/CS?でもありません。ケーブルテレビです。

JCNというケーブルテレビ。第一印象は「見ている人、どれくらい?」。


香水という特殊な商品では、100%回収不可能


自宅にはJCOMというケーブルテレビが来ていますが、まあ、チャンネルを回しているとき、間違って手が触れる程度で、私の場合、ほぼ見ません。

しかし、企業サイドから見れば魅力はその放映コスト。

安くても売上につながらなければ広告としては意味ありません。単純に考えれば、ビジネス的には「いくら払えば、いくらの売上見込み」というだけの算式で済みます。

その計算式で計算すると「香水では、100%回収不可能」という結論がでました。食品のように見る人すべてが潜在的な顧客層ならペイするかもしれません。しかし、香水の潜在顧客は食品の1割程度。





つまり、同じ人数の人々にリーチできても購入いただける確率はグーンと下がります。地上波でもBSでも香水のCMは、間違いなく短期的にはペイしないはず。テレビで香水CMが流れない理由はここにあります。

またさらに、ケーブルテレビの場合そもそも視聴者数が多くありません。ターゲットになりうる潜在顧客が少ない上に、絶対数も少ない。勝敗は明白です。

やるなら、スキンケアのように少なくとも女性の視聴者のほとんどが潜在顧客になりえる商品で勝負すべきとマーケターにアドバイスされそうです。

JCNグループ局は20局くらいで、それぞれの加入者数は5万〜20万世帯。そのうちの1局でCMを打とうという話ですから。

視聴率は公開されていません。推測するしかありませんが、まあ、当社のCMを見てくれる人が「多くない」ことだけは間違いありません。


マーケティング調査費用として


しかし、モノ好きはここでスイッチを入れます。

社内的には今後のマーケティングの可能性を調査するテスト費用として考えれば高い調査費用ではありません。

今回のCMの最大の特徴はその時間の長さ。地上波CMでは1コマ15秒単位ですが、当社が受けたオファーは5分。

「長い、それがCM?」とは内心考えたこと。

5分なら、ミニドラマさえオンエア可能です。はじめは「香水シアター」というシリーズものの香水ドラマ制作さえ考えました。

しかし、ドラマの問題点は制作費用。テレビドラマの激減傾向は周知の事実。よくわかります。ロケやギャラや編集など、圧倒的な労働集約型。とにかくお金が・・・

やはり安く制作できる番組は、バラエティ型で、少数人数によるスタジオ撮り。しかも編集作業が発生しないライブ・生放送がベスト。

生放送なら出演者にとっても縛り時間が短くメリット大きいとますますこのような番組が増えていくでしょう。

テレビショッピングが概ね、使い回しセットで固めたスタジオ撮り・生放送、しかも生放送で収録した番組を繰り返し放送する事情は、番組の制作側からすれば痛いほど共感します。


CM「香水トーク」、素人ぽさが生き残りの理由か?


当社が考えたもっとも安い制作方法は「1人出演・1人トークで社内撮り・生放送」。

しかし、ローカルとはいえUSTREAMではありません。テレビ局のオンエア。テレビ局が放送する番組としてはクオリティ的に品質管理基準を満たさないでしょう。

放送媒体のフォーマット(HDCAMなど特殊なフォーマットがTV局標準フォーマットのようです)も違いますし。

そのため、その次に安い「1人出演・1人トークでプロによるスタジオ撮り・編集」という形態に落ち着きました。

1人で話し続けました。

テレビショッピングにしては緩くて素朴なトーク。そこが、珍しく、慣れない素人の話しぶりに、むしろ視聴者の同情を誘う部分が!・・・そんなネガティブな理由で、なんとかボツにならずに済んだようです。

JCN武蔵野市・三鷹にて現在15万世帯に毎週2回、午前8時半、配信中です。

(機会があれば、YouTubeにも転載できればと模索中・・)


(2011-10-19)
search
月一メルマガ

TOP