香水biz ブログ

( 香水工場の日常 )

2015年のキンモクセイの花
毎年、秋になるとキンモクセイが咲いて秋を実感します。今年は過去5年間で一番早い開花だったように思います (2015/10/01)

2015年キンモクセイ
2015年満開のキンモクセイ(2015年9月26日 東京国分寺市)


地域によって開花タイミングが違う


キンモクセイの開花は、地域によって違います。寒い地域から咲き始め、南に下がっていくイメージです。つまり、桜の開花前線の逆になります。

また都内でも都心と郊外では数日ずれます。当社がある武蔵野エリアは、毎年都心より数日早く開花します。

東京郊外では、9月26日が一番きれいなピークと感じられました。それから2日間は香り・姿ともにきれいで、香りは周辺一帯を満たしていましたが、29日には香りはぴたりと途絶えました。

2015年キンモクセイ

2015年キンモクセイ
キンモクセイの終焉(上下ともに2015年10月1日 東京国分寺市)

写真は本日(10月1日)撮影したものですが、今年のキンモクセイの開花は、実質9月25日-28日でした。短いですね。

気温が高いと朝マックスで、夕方には枯れ始めるというケースもありますので、今年のキンモクセイは、長い日数楽しめた方かもしれません。


他の地域は?


他の地域はどうでしょうか? 昨日(9月30日)御殿場に行ってきたスタッフによると「満開だった!」と言っておりました。

え?・・・御殿場と言えば、標高500メートルくらいの標高が高い街。東京の避暑地にもなるくらいの場所なので、気温差から言えば、東京より早く開花するはずですが、その原因は不明です。

また、中国・四国・九州はこれからと思われますが、現状どうなっているのか不明です。どなたか情報ある方、教えていただけたらうれしいです。


今年も二度咲きがきそうです


去年は、さまざまな地域で二度咲き情報が多数ありました。

キンモクセイの二度咲きは一部の園芸愛好家に以前から知られていましたが、なぜか近年、二度咲きが顕著になる傾向があって、珍しくなくなりつつあります。

上の写真も立ち枯れした花ばかりに見えますが、よく見ると蕾が出ている枝もそれなりにあって、今すぐ開花しそうな蕾と、あと2週間くらいで開花しそうな蕾が観察されます。

花の量は全体として少なく、今回のような豪華さはないと思われますが、再度、香りが漂いそうです。


今日から当社では金木犀キャンペーン


ちょっと苦々しい気もしますが、当社は本日から「金木犀キャンペーン」を開催します。

満開の頃、あのキンモクセイの香りを装いたいという需要を狙っての金木犀キャンペーンですが、今は「思い出のキンモクセイを装ってください」と営業中です。









(2015-10-01)
search
月一メルマガ

TOP