香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

「アンケート:限定復刻のアイテムは?」
今年、当社は20周年。大きなイベントはできませんが、何かしらささやかなイベントをやろうと準備中です。その一つが「ささやか復刻」。メルマガ読者にアンケートをお願いしてみました(2016/08/01)

復刻香水イベント
※緊急アンケートのご協力、ありがとうございました!


香水の復刻は厳しい


香水は一度廃盤になると、なかなか復刻できません。ブランドさんや化粧品メーカーさんが昔の香水を復刻したがらない理由は、当社もよくわかります。

名香と言われ復刻すれば必ず売れるであろう製品でさえも復刻は厳しいものばかりです(無理矢理に復刻された名香は全然違う香りだったり)。

このへん裏事情は、また別の機会にお話しするとして(あれ、以前話しましたっけ?最近はどうも同じ話をリピートしがちで、我ながら危険危険)、今日はこの秋、武蔵野ワークスの復刻香水ささやか企画についての話題をお届けします。


メルマガによるアンケート


廃盤になった香水の復刻は容易ではありませんが、原料がまだ入手できるという条件(ただし、一部違う原料を使用するケースもあり)を満たすもの10種類ほど選び、皆様のご意見をお聞きしてみました。

私やスタッフの心の中では、ベスト5とかベスト10とかありますが、自分たち好みの製品を復刻しても意味ありませんので、ここは素直にお客様に聞いてみよう!という社内ミーティングの結果、7/23にメルマガ「緊急アンケート:20周年の限定復刻のアイテムは?」を配信させていただきました。

当社メルマガは、月一回配信という規則ですが、今回は例外ということをお詫びしつつ配信したところ、多数のレスポンスをいただきました。ありがとうございました!この場を借りて御礼申し上げます。


アンケート対象商品



下記アイテムが復刻対象になったアイテムです:

【販売終了になったアイテム】から・・・
●菊
●(旧)くちなし(※現在販売中の「くちなし」とは違う旧製品)
●桂の木
●紫陽花
●復興の花(沈丁花)

【サンタの贈り物】から・・・
●ヘルシンキ空港(2015年)
●エアリーフローラ(2014年)
●クリスマスツリー(2013年)

【5月の贈り物】から・・・
●ピーチ(2014年)(※現在販売中の「ピーチ」とは違う製品)
●ユズ(2015年)





中間結果は意外な結果に・・・



下記の表は、先週の時点での単純投票数です:


(1) 復興の花(沈丁花)・・・・・・16票
(2) ユズ(2015年)・・・・・・・・13票
(3) ヘルシンキ空港(2015年)・・・11票
(4) ピーチ(2014年)・・・・・・・10票
(5) (旧)くちなし・・・・・・・・10票
(6) 紫陽花・・・・・・・・・・・10票
(7) 菊・・・・・・・・・・・・・8票
(8) クリスマスツリー(2013年)・・8票
(9) 桂の木・・・・・・・・・・・7票
(10)エアリーフローラ(2014年)・・4票


あくまでも単純な投票数の集計です。香りは知らないけど「試してみたい」というご意見の多数あります。その場合、試してみたらイマイチな香りということもあるかと思います。

ですので、同じ票でも「昔使っていて気に入っていたので、ぜひ復刻してほしい」というお客様の票の場合は、より多く加重して評価すべきかと考えています。まだ社内検討中でどれが復刻対象になるかお知らせできませんが、個人的に意外だったものが「(1) 復興の花」でした。

これは既存の人気商品「沈丁花」をさらにアレンジした「沈丁花」の派生バージョンですが、「沈丁花」より好きだったというご意見が多数あり、驚きました。

確かに2011年当時も好意的な感想はあったのですが、当時よりだいぶん人気がある雰囲気で、5年も前の香りなのに覚えてもらっていたのかという驚きでした。

「(4) ピーチ(2014年)」「(5) (旧)くちなし」も驚きです。現在、どちらも新しい「ピーチ」「くちなし」を販売中です。こちらの方が人気だったので、リプレイスされたのですが、やはり、香りは個々人ごとに嗜好が分かれるんですね。


(お詫び) 復刻は正規製品版ではなくキューブにて


今回計画している復刻バージョンは、正規製品版(30mL/25mL)での復刻ではなく、キューブボトル(4mL)で、しかも数量限定での復刻です。どうぞ、ご了承ください。

(2016-08-01)
<携帯サイト、孤独死?(1) | 社名「ワークス」の意味>
page top:▲