香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

*衣服に付いた香水ニオイの取り方(マニュアル保存版)
(2012/03/26)

お客様からいただいたご質問・・・「衣服に付いた香水は、どうやって取るの?」

衣服に付いた香水はやっかい


なるほど。ワレらは香水を作ることばかり考えてますが、香水が衣服に付いた場合、やっかいですよね。

香水メーカーで働いていても、職場では香水禁止(香りがわからなくなりますので)ですし、反射的に服に付かないつけ方をします。

なので、香水が衣服へ不本意に付いてしまう確率は、案外、一般の方より少ないかもしれません(工場で香水の充填作業をするスタッフは別です)。


クリーニング専門店に相談、が正しいアプローチ


衣服に付いた香水の取り方は、香水メーカーの私たちより、クリーニング専門店の方が詳しいはず。

クリーニング会社も本当にいろいろ。こういった相談は、大きな工場で大量かつ画一的に洗うところではなく、専門的で濃い感じのクリーニング屋さんに相談するのが正しいアプローチかもしれません。


衣服の香水ニオイの取り方ランキング(未実証)


今日は私の思いつく対処法ランキングを披露いたします。ご注意ください。これはすべてを検証したものではありません。予測も含まれています。

また、よい情報があったら、後からでも訂正・書き足しますので「決定版」ではありません。ご了承おきください。


衣服に付いた香水の取り方 → トップ3



・通常のお洗濯・・・異論はないかと。
・重曹・・・重曹を入れてお洗濯。
・クエン酸・・・クエン酸を入れてお洗濯。

さらに凄いのは、重曹やクエン酸で一晩付け置きして洗濯すると効果的なはずです。

(注意)ただし、衣服によっては、色落ちや繊維の痛みにご注意ください。

衣服に付いた香水の取り方 → トップ5



・スチームアイロン
・活性炭+プラ袋詰め密封作戦

・スチームアイロン・・・スチームによる蒸気攻撃。蒸気がニオイ成分を高温と水圧で浮かしていっしょに揮発します(衣服によっては、熱による衣服の痛みにご注意ください)。

・活性炭+プラ袋詰め密封作戦・・・木炭や活性炭のような脱臭効果があるものと衣服をプラ袋・ビニール袋に入れて封をする。

衣服に付いた香水の取り方 → 残り



・お風呂場の湯気
・陰干し
・日光干し(紫外線パワー)
・木炭や活性炭
・市販の消臭剤
・空気清浄機


・お風呂場の湯気・・・スチームアイロンと同じ原理ですが、残り湯の上で衣服をハンガーで吊しておけば、シワもニオイも取れる。

・陰干し・・・お洗濯後はタンスなどにしまわず通気性のよいところに陰干し。

・日光干し(紫外線パワー)・・・日光に含まれる紫外線は多くの物質を分解・無臭化する効果あり(衣服によっては、衣服の痛みにご注意ください)。

・木炭や活性炭・・・木炭や活性炭のような脱臭効果があるものを衣服のポッケなどに入れておく。

・消臭剤・・・近年の消臭剤はハイテク化が進んでいますので、試される価値があります(スプレー式の消臭剤は液体状の消臭成分を衣服にかけるものが多いので、シミなどご注意ください)。

・空気清浄機・・・近年の空気清浄機は、オゾンやプラズマなどニオイ分解・消臭効果機能を持ったものが少なくありません。清浄機の近くで干しておきます。私の実験では穏やかですが、なかなかよい効果がありました。

当社には数種類の空気清浄機がありますが、衣服のニオイ取りに効果的なものとそうでないものがあるようです。


ご意見お待ちしております!



(2012-03-26)
<輝いている男はニオイも違う | 香水小説大賞>
page top:▲