香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

モテ香水#2 モテ系香水の代表

モテ香水の実効性


問題はモテ香水にどれほどの効力や実効性があるか?です。

モテ香水といえば、ムスクなど動物由来成分を配合した香水(*1)のイメージがあります。

実際これらの香水はフローラル系やシトラス系と比較すると、たしかにTPOによって性的な魅力が増す気がします。


(*1)動物由来成分の香水(動物性香料香水)
・ムスク系香水
・アンバーグリス系香水
・シベット系香水
・カリストリウム系香水


しかし、なんといってもモテ香水の代表といえば、俗に言う「フェロモン香水」ですよね。


フェロモン香水の考え方


動物や昆虫は、音声やジェスチャー・行動で、仲間とコミュニケーションを取ったり異性を惹きつけたり、敵に警告・威嚇をしたりします。ニオイによるコミュニケーションがあってもおかしくありません。

実は、樹木や植物や花もニオイや香りでメッセージを発しています。

植物は、私たちが考えるより、一瞬のうちにニオイ・香りを能動的かつ意図的に発散したり止めたりしているということがわかっています。

このようにニオイで敵の攻撃を抑制したりメッセージを発する体臭発散のメカニズムが生き物にあるのであれば、ニオイで異性を惹きつける物質があってもありうると思います。

これがフェロモン香水のベース理論です。しかし、そのフェロモン成分は、残念ながら、ヒトの場合、まだ発見されていません。
(2018-02-23)
<モテ香水#3 フェロモン香水とは? | モテ香水#1 モテたい!>
page top:▲