香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

「ヘルシンキ空港」 アンケート結果
新作香水 "HEL" ラベル案の投票にご協力いただき、ありがとうございました! (2019/03/08)


ラベル案
( 赤丸が人気だったデザイン案 )


アンケートのご協力、感謝!



アンケートは「No.1~No.6まで、どれがお好き?」というもの

数十人の方からレスポンスいただきました。

一押しを返事いただく方もあれば、数個を押していただける方も。

人気の傾向として、

(1番人気) No.3 森物語風
(2番人気) No.6 荷物の付けるタグ風(ラゲージタグ)
(3番人気) No.1 空港のピクトグラム

(※ No.4 年輪風は、人気こそ高くありませんでしたが、含蓄あるコメントが多かった・・)


また、ちょっとしたコメントも参考になりました。

すべてをご紹介すると長くなりますので、3、4の件のコメントをご紹介します:


ちょっとしたコメントも大きなヒント



☆ TWITTER ☆

・香りの雰囲気&自分の好みはダントツで3番!
 空港っぽさを前面に出すなら6番が面白いです??

・ラゲージタグ可愛い!6に1票です。

・持ち歩くなら2と6かなと思います。

・私は「No.1 空港ピクトグラム風」が好きです!


☆ FACEBOOK ☆

・ラゲージタグ風!!

・私も第一印象で3番です??

・6が旅感あってヨイです。


一番人気は、森のラベルだったが・・



1番人気は No.3 森物語風 でした。色彩がきれいですし、物語が生まれそうな雰囲気が格調高い。

私のチョイスもこれでした。

しかし、社内ディスカッションでは、香水名「ヘルシンキ空港」の空港部分が、すっぽり失われ、タイトルからのズレが大きすぎるという意見強く断念。

結果的に、2番人気のラゲージタグ風の「6番」となりました。


"遊び心満載"のラゲージタグ風にて


旅心をそそる点が人気の理由でしょうか。

それに、大手さんだと、こんなラベルは出しにくいから当社向きかなとも感じます。

これをベースに最終デザインを練り直し、ラベル制作に入ります。

そうそう、バーコードには文字列(メッセージ)を入れようとしたのですが、実際にコードを制作すると細すぎる線が多くて、デザインが合わないことからイメージ画像になります。

バーコード・リーダーで読んでみてもムダですよ、念のため。



『HEL』というタイトル


最後に、タイトル「HEL」に対してご意見もいただきました。

HELは、ヘルシンキ・ヴァンター国際空港 (Helsinki-Vantaa Airport) を意味する "IATA" (国際航空運送協会) の略式コードです。

ですので、成田空港「NRT」、関西空港「KIX」同様、世界の旅行業界、航空業界では普通に使用されます。

しかし、「hell」は (地獄) ですし、「hel」だけでも hell の意味として解釈可能だそうで、縁起が良くないというご意見でした。

(難しいところですね)

気にする人は多くないと思いますが、2013年、コペンハーゲンからヘルシンキに向かうフライトで

「13日の金曜日、HEL行きの666便! 不吉すぎるフライトが決行!!」とヨーロッパの SNS で大盛り上がりしたというニュースもありました。

Finnair Flight 666 travels to Helsinki on Friday the 13th

「666」はキリスト教では悪魔の象徴。「13日の金曜日に、悪魔の便で HEL(地獄)行きか?」・・いや~、確かに凄いわ!と思うと同時に、海外の人も、やっぱり気にするのか?と、素朴に驚きました。

ちなみに、この便は、不吉フライトとして大盛り上がりした割には、満席で、フライトも順調に終えたそうで。


・・「HEL」の表記問題、結局、社長のツルの一声で「気にする人がいるなら、HELはやめましょう」という結論になりました。

「Helsinki」という表記になります。

(2019-03-08)
<月曜日の朝は「柑橘系」の香りで | 容器もかわいいベタガード>
page top:▲