香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ

香水「令和の香り (梅 & 蘭) 」を出す?
新元号が決まりましたね、ややお祭り気分だったあの一日の話 (2019/04/03)

香りの花、ラン
( ラン科の花の一種、胡蝶蘭。日本では胡蝶蘭は純白が多いが、原種がもともと熱帯の花だけにカラフルなものが多いと思う。写真は shutterstock から購入したもの「Colorful moth orchids in flower(満開の胡蝶蘭)」 )


「令和」の由来


万葉集から引用されたとか。太宰府で開催された梅の開花を祝う宴の記述。


初春の令月 (れいげつ) にして、
気淑く風和らぎ (きよくかぜやわらぎ)
梅は、鏡前の粉を披き (きょうぜんのこをひらき)
蘭は、ハイゴの香を薫らす (はいごのこうをかおらす)
(※原文は漢字)


私は解読できないので、他のサイトの説明を意訳すると・・

穏やかな日、梅の花は淑女が鏡の前でおしろいをつけているようであり、蘭はステキな香りを漂わせている・・・という内容だとか。

小春日和ののどかな日、花見を楽しむ貴族たちの姿が目に浮かびますね。

(戦国時代以降、花見といえばサクラだが、平安時代まで、花見は、圧倒的にウメだった)


日本中が踊るイベント


新元号が発表されたこの日、朝からマスコミは新元号発表を取り上げ、ニュースはこの話題で埋め尽くされた。

私は、まったく関心がなかった。元号を否定する気持ちはない。しかし、公文書は西暦で統一した方が便利だな派なので。

発表の日、11時頃だったか、仕事中で静かな社内で、スタッフの一人が「速報です、『レイワ』だそうです」と声を上げた。

すると他の人間が「え?」「漢字は?」と応答する声が聞こえ、じわーっと、かすかな歓びの空気、なんとなく社内はお祝いムード。

マスコミもSNSも「令和」で大変な盛り上がり、BBCも速報を出すほどで、海外でも盛り上がるの?と驚く。

もっともBBCの速報は、新元号の発表そのものではなく、発表で盛り上がる日本人についての話題なので、お祝いといった意味はない。


商魂たくましく


その後、すぐに「令和 Tシャツ」や「令和弁当」の販売、「令和」という名前の人探し、「reiwa」ドメイン名の争奪戦の勃発・・・話題は尽きない。

私は無関心派だったが、終わってみれば、日本中が一つにまとまれる、よいイベントだったなと感じている。

人民を一つにするイベントって、オリンピックのように、とにかくお金がかかるし、誰か・何かが多かれ少なかれ犠牲を強いられることが多い。

(反面、大儲けする人もいるが)

それだけに、今回のイベントはコスト少なく、犠牲者少なく(たぶん)、それでいて、比較的多くの人々が、ドキドキ感をもって参加できたイベントだった。

昨日のミーティングで、「我が社もこの波に乗るべきかな」という意見が出た。


オードパルファム「令和セット ウメ&ラン」


そうだ、出典文が梅と蘭なら、オードパルファム令和セット ウメ&ランでどう?と大盛り上がり。

(ジョークである)

いつもの軽い悪乗り、みんなで大笑いした後は、スーッと冷めました。


蘭の香りとは?


オードパルファム「令和セット ウメ&ラン」をリリースすることはありません。

(和食レストランのランチセットみたいですし)

しかし、蘭の香りってどうなんだろう?と考えました。

実は、私が小さい頃、実家には大きな鉢で、20鉢くらいの蘭が植えられていた。母が蘭の栽培にはまり、集めに集めた結果、ベランダや軒下には蘭の花、おもに洋蘭が所狭しと並ぶことに。

(あれはどこにいったのか?今は数鉢残るのみ)

その頃は、まったく関心がなかったが、香りがよかったことは覚えている。

原種が熱帯系なので、優雅で甘い香りでしたね。熱帯系・南洋系の香りは、おおむね、官能的でセクシーなものが多いが、蘭もそうだった。


これが蘭の香り、とは言いにくい


ただ、蘭と一口に言っても数万種類、また品種改良の結果、香りがない蘭も多い(品種改良は、見た目の改良とは裏腹に、香りを失う傾向にある)。

蘭(ラン科)の中で、カトレアは比較的香りの強い花。

植物園などで観察できるときは、香りもがんばって確かめる(柵に邪魔され入れないことも)と、カトレアは、多くの花で香りがありそうだ。

(蘭の他の種類、たとえば、シンビジウムなどは香りを失ってたものが多い)

ただし、香りがあるカトレアでも、ローズ系からジャスミン系など、香りの幅が広い。だから、「これがカトレアの香り、これが蘭の香り!」という香水は作りにくいという事情がある。

昨年は、製品化にいたっていないが、プルメリアの香りを試作した。

今年は、胡蝶蘭かカトレアの香りだろうか、新しい花の香りの制作に関しては、まだ、聞こえてこない。


※最後に梅宴が開催された太宰府について。太宰府は私の好きなパワースポット。予備校に通う電車で途中下車してよく行った。今でも近くまで行けば、太宰府・観世音寺への参拝は欠かせない、数十年続く個人的イベント。


(2019-04-03)
<10連休中の営業おしらせ | 月曜日の朝は「柑橘系」の香りで>
page top:▲
search
Blog2(72), ブルガリアンローズ(24), ローズジェル(21), 花の香り(21), 香水セミナー(18), moved(18), 香水ボトル(17), 人生(17), ベタガード(16), 白檀香水(15), 練り香水(12), メンズ香水(12), ムスク(11), 香りの話題(11), 香水ビジネス(11), 銀の抗菌防臭(10), 精油(10), モテ香水(10), 『香る生活』(10), アイテム(9), ローズウォーター(7), 香水ニュース(7), 体臭(6), ベチバー(6), 香りと無関係な話題(5), スキンケア(5), 香りと健康(4), 企画・イベント(4), 調香師(パフューマー)(4), ネイルケアこまめ(4), アンチエイジング(4), アロマテラピー(4), お茶(4), 廃盤&復刻(4), 使い方(3), 店舗(3), 香水の悩み(3), 香水カグー(3), 香辛料(3), OEM(3), コスメ名言(3), メルマガ(3), 安眠と香り(3), 感想(3), 化粧品原料(3), お客さま投書(3), ブランド(2), 使用期限(2), 動画(2), 5月の贈り物(2), Amazon(2), 香料(2), sns(2), スモカワ(2), ローズ香水(2), 香水の販促(2), エコ・プロジェクト(1), 香水「摩天楼」(1), スリーピングミスト(1), 沈香(1), 香水月桃(1), 悪臭(1), モバイル(1), ローズマリー(1), ろうばい(1), 犯罪(1), ローズの贈り物(1), 香水の取り方(1), ユリ(1), ハニーサックル(1), プチギフト(1), フェロモン香水(1), 商品開発(1), 社内風景(1), 香水展示会(1), 香水市場(1), 検索ワード(1), スピリチュアル(1), 香水の落とし方(1), お酒と香水(1), 嗅覚(きゅうかく)(1), ジャスミン(1), シャワージェル(1), マスコミ(1), 香木系の香り(1),