香水biz+香る生活


「さくら」4mLプレゼント企画
突然ですが新春企画・・ (2022/01/08)


( ※音声ナシのサイレント )




「桜の香り」をプロモートするライバル


「ライバル」って誰?・・話せば笑われますから。

昨年の暮れから多くのメーカーさんやブランドさんから "桜の香り" の香りモノ = 香水、フレグランス、トイレタリー、スキンケア、ルームフレグランスなどが、かなりリリースされている。

「春に向けての仕込みなんだろうな」という予感が。

大手さんが動くとマーケット全体がかさ上げされるが、当社の場合、"牧畜風ビジネス" が、ライバルたちの波状攻撃を受け、"嵐が丘ビジネス" みたいになる、いいことはない。

なので、当社も早めに「当社にも桜の香り、ありますから」アピールをしておこうという作戦である。


武蔵野ワークスの桜香水「さくら」はどんな香り?


当社では20年くらい前から「さくら」を販売している。

現在の「さくら」は第三世代。

桜の花自体は、桜に特徴的な香りが薄い。それにそもそも香りがないものが多い。

このため「ああ、これは桜の香りだ」という多くの人に共通して認識される香りはないでしょう。

この点がキンモクセイなどと違う。

そのためイメージ香水になりやすい。

とくに海外ブランドさんの桜の香水は「これが海外の人が感じるチェリーブロッサムの香りか・・」と逆に勉強になったり。


日本の「桜香水」は桜餅系が多いかも


一方、日本では、桜といえば、我が国には名物「桜餅」(さくらもち)があるので、あの桜の葉の香ばしい香りを思い浮かぶ人は少なくない。

そんなわけで、国内製品では、桜餅の香りをアレンジした「桜香水」が、自然多くなるでしょう。

武蔵野ワークスの桜香水「さくら」( かわいいキューブの桜香水「さくら」4mL )

当社の「さくら」も桜餅系。

そして、香りのモデルとなった桜は「河津桜」である、ちょっとだけ細かい。

・プレゼント:4mLキューブボトル「さくら」
・期間:2022年1月10日~31日
・対象:商品合計5千円以上のお客様
・お会計画面にて、プレゼント希望のラジオボタン「希望する」にチェック
(不要な方は「不要」に)



【関連記事】
(2021/12/31) ザワザワ、ざわつくサクラ香水




(2022-01-08)
search
月一メルマガ

TOP