Home > ブログ
リスト表示 | (edit)
( 香水工場の )

香る生活


新スリーピングミスト『黄昏月』の話
あえて天然バリバリに仕上げました(スリーピングミスト) (2022/08/29)

新スリーピングミスト4mL 『黄昏月』( 9月1日のリリースに向けて工場から入荷中 )


キンモクセイの花から採れた香りエッセンス(本物)


『黄昏月』(たそがれづき)の香りは、天然のキンモクセイ香料がメイン。

ほぼキンモクセイ香料の香り。

(キンモクセイ香料を「精油」と呼ぶ人がいますが、ここでは「香料」と呼びます)

キンモクセイ香料に、あと1点、ある精油を合わせました。

それはオレンジ精油。

これらをエタノール10%(オードパルファン濃度)で溶解させた製品が「黄昏月」です。

処方はシンプルです。

新スリーピングミスト『黄昏月』調合中( 調合中の『黄昏月』。黄色い液体が、エタノール希釈後のキンモクセイ香料。金箔のようなオリが激しくでますが、他の香料だと茶色くなりがちなオリも、キンモクセイだと "金箔" のように美しい )


なぜオレンジ精油を足したか?


オレンジ精油を足した理由は、キンモクセイ香料だけだと香りがちょっと微妙な点。

キンモクセイ香料は、キンモクセイの花びらから採れる純粋な香り成分ですが、キンモクセイの「お花の香りとはかなり違う」。

かなり違うものの「キンモクセイの気配が漂う」という案配の香り。

それで、「キンモクセイ香料は素敵な香りか?」という問題ですが、こちらも微妙です。

甘くふしぎな香りですが、私の場合、「好きだな~この香り」という感情はやや弱い。

香りに対する私の感じ方は平均的なので、キンモクセイ香料単体では多くの人にはそれほどアピールしない可能性あり。

そこで、少し使いやすくするためにオレンジ精油を足しました。

オレンジ精油は、難しい香りとブレンドする香料としてはオールマイティ派、それにキンモクセイとの相性もいいんですよ。

オレンジのおかげて、キンモクセイ香料の本来の香りは損なわれず使いやすくなった印象です。


あえて天然バリバリで


本来なら商品開発たるもの、なるべく大多数のクライアントさんの好みに寄せるものですが、それをやると天然らしさが失われます。

「あえて天然バリバリで行くべき」と社内で主張して製品化されました。


キンモクセイ・ブームの今


現在、日本の香り業界はまさに「キンモクセイ・ブーム」。

5年前なら考えられないくらい盛り上がっています。

「おお、お前もか!」というほどキンモクセイに無関心だったブランドさんやメーカーさんが、続々参入し、百花繚乱、狂い咲きの様相。

(一時のタピオカブームのようです・・)

しかし、ほぼキンモクセイの天然香料だけの製品ってあまりないようなので(あったらすみません)、こういう「あえてバリバリ天然」な製品にも需要があるのでは?と期待しています。

本物を知りたいというニッチなユーザー層には訴えるのでは・・・

香り好きの人、香りの許容範囲が広い方には、この香りの奥深さは味わってもらえるかもしれない。


応用も効く


あと処方があまりにもシンプル(キンモクセイ香料+オレンジ精油+エタノール)なので、ご自分で香りをブレンドして楽しむ方には、ブレンド素材としても使いやすいかもしれない。

シンプル処方のメリットは、他の香りとブレンドして応用できる点。


金木犀キャンペーンで付いてくる


『黄昏月』は、9月25日~からの当社恒例『金木犀キャンペーン』のプレゼントになります。

もし「金木犀2015」のフルボトルを購入される予定があるなら、プレゼントで付いてくるので、ちょっとお待ちいただくのはどうだろうか?


【関連記事】
(2024/07/04) 『黄昏月』が季節限定で再リリース




お客様コメント:


バズる気がします‥

・コメント:
藤がバズったようにこのミストもブームになる予感がします。
「黄昏」も今人気の漫画の主人公のコードネームなんですよね‥
金木犀好きなので在庫切れになる前にゲットしたいです。

・・桔梗






(2022-08-29)
search
月一メルマガ

TOP