香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

ミント神戸オープニングセレモニー
黒の革靴は、夏場の長雨でところどころ白いカビがお目見え。クリーニングして陰干し。ひさしぶりスーツに腕を通すとどうもしっくりしませんが、この日はやむを得ません。

多少なりとも関係者の端くれに連なるので人並みのビジネススタイルでミント神戸のオープニングセレモニーに参加させていただきました。



スタッフの方々の邪魔にならないよう隅っこで、呼吸しているかしていないかわからない程度の存在感でオープニングを見守りました。

ナチュラル・グリーンで統一された「ミント神戸」。旧神戸新聞会館ビル。大震災を超えて新しいビルディングが完成しました。



「ミント」という言葉には、神戸を象徴する海(Marine)と山(Mountain)、そして出会い(Meeting)が込められているそうです。

ハーブのミントがこの施設のさまざまなテーマを象徴的するキーワードになっています。

香水の開発も、はじめからペパーミントにしろ、スペアミントにしろ、ミントありきという前提で開発がはじまりました。

食べ物には抜群の相性があるミントも、香水の素材としては、それなりにクセのある香りです。神戸の街の気品と優雅さを損なわない素敵なミント香水になったことを祈ります。



(2006-10-06)
<秋空が高くなる季節 | さめざめと秋雨前線>
page top:▲