香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

挙体芳香について、教えて
「はじめまして。私は今、挙体芳香について調べています。中国にそういう体質のひとがいたということですが、その他の詳しい資料が見つかりません。挙体芳香について、教えて頂けると嬉しいです」

伝説はどこの国もいろいろ誇張されているので本当のところはわからないようです。

たとえば、楊貴妃は挙体芳香の持ち主として有名ですが、実のところ挙体芳香というより、意図的に食べ物を選んでいたという説があります。

その食べ物は漢方薬として知られているそうです。おそらく、クローブなど天然香料(香辛料)とムスク(動物性香料、現在は倫理的にも入手不可)などを混ぜ合わせた処方の薬(または食べ物、お菓子?)と思われますが、もしそれが本当ならかなり単純な仕組みで体香を醸し出していたことになります。

実際、食品や香料の中には、口から摂取後30分〜数時間かけて皮膚の汗腺などと通して匂いを発することが科学的に実証されています。

たとえば、ニンニク。ニンニク料理を食べた後は、周囲にインパクトを与えますが、あれは口から発せられる匂いだけでなくカラダ全体の皮膚からも発せられる匂いのためです。口を押さえても押さえきれないニオイです(実験によると体内から発するニンニクのニオイは2〜3日持続するそうです)。

また、ご存知ローズオイルですね。成分のゲラニオールやシトロネロールも皮膚から香りを発することで有名です。

皮膚からは逆に出にくい成分もありますので、香りとして皮膚から出やすい香料や成分を調べ、それらを集めて食べると挙体芳香になれるという考え方です。

残念ながら当社に挙体芳香に関する手持ちの資料はありませんが、挙体芳香については、とくに漢方薬の専門家の中にいろいろ研究され本もあると聞いております。よい資料が見つかるといいですね。 (2007-02-09)
<沈丁花(ジンチョウゲ)の花、つぼむ | 香水業界ニュース・・・Parlux Fragrances Inc.>
page top:▲