香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

フェルメール展
今月から国立新美術館「フェルメール展」が開催されます。

期間中併設されるブティックで「チューリップ」をお取扱いいただくことになりました。

オランダの雰囲気を盛り上げるアイテムとしてお役に立てるといいのですが・・・と祈るばかりです。


ところで、フェルメールとは?

ヨハネス・フェルメール。1600年代のオランダを代表する画家。wiki百科事典によれば「レンブラントと並び17世紀のオランダ美術を代表する画家」だそうです。

しかし、よくよく聞くと、画家というより本業は絹織物の商人。

時に大航海時代のオランダ。大暴れビジネスマンだったに違いないと空想しました。本業が画家でないため作品数は少ないそうです。

・国立新美術館開館記念 アムステルダム国立美術館所蔵
・フェルメール《牛乳を注ぐ女》とオランダ風俗画展
・2007年9月26日(水)-12月17日(月)
・国立新美術館(106-8558東京都港区六本木7-22-2)
(2007-09-17)
<マスマーケットに向かうラグジュアリー1 | 金木犀を香水にする発想>
page top:▲