香水biz ブログ

( 香水工場の日常 )

ケシからバラへ、アフガニスタン復興への険しい道のり。
ケシからバラへ、アフガニスタン復興への険しい道のり・・・きょうは珍しく社会問題に触れた記事をご紹介します。

ソ連侵攻、そして、続く長期内戦で国土が荒廃したアフガニスタンでは、ケシの花(ポピー)栽培が盛んです。

ケシの実に含まれる乳液状の液体を乾燥させたものが阿片です。阿片は精製することでヘロインの原料になります。

ケシの花栽培は、東南アジアの「黄金の三角地帯(ゴールデントライアングル)」が有名でしたが、現在ではアフガニスタンが世界最大のヘロイン供給国となっています。

当然、国際法的に違法な闇ルート経由の輸出です。

自分で見てきたわけではないので、安全な国で暮らしている一市民がニュースから知る範囲の話です。

が、もしも自分がアフガニスタンで農業をしていて、仮に今日食べる物さえ事欠く生活を強いられているとしたら、手っ取り早い現金収入になるケシの花は魅力的だと思います。

アフガニスタン政府は、軍隊を動員して、ときどきポピー畑を焼き払っていますが、対メディア向けのポーズ的パフォーマンスにも感じられないこともありません。

心あるアフガニスタン人や世界の投資家などが、この「悪の連鎖」(本文中では、"a cycle that one has to break"「断ち切らなければならないサイクル」)を、ローズ栽培で乗り越えようと活動している現状と、その厳しさがレポートされています。

阿片を精製してヘロインを作ること、バラの花を精製してローズオイルを作ること、どちらも蒸留技術を使用します。

そして、結果的にごく少量で高価な価値が生み出せるところが似ています。

しかし、ローズオイルを世界の正規流通ルートに載せることは並大抵のことではありません。

その土地に合ったローズ栽培や蒸留技術の修得だけでも何年も要しますし、栽培技術の低いローズ畑から採れるローズオイルは生産量も品質も見るまでもなく悲惨でしょう。

しかも、ローズオイルのような超高価なオイルを購入できる国は、日本も含め西側先進国。

これらの国々ではすでに「無農薬」「オーガニック」が声高に叫ばれ、土壌汚染の心配や成分証明書などの提出も求められます。

規制や証明書などといったハードルがあります。経験の浅い農民や蒸留所が見よう見まねでローズオイルを生産しても、すぐに世界の流通に潜り込ませられるほど簡単な世界ではありません。

阿片の生産なら土壌汚染や農薬ウンヌンの話はないでしょう。


では、さっそく本文と概要を抜粋しながらNPRの記事をご紹介します。

NPRとは、National Public Radio(米国公共ラジオ)という組織のこと。NPRのプログラムは、公共の利益や人の良心を推進する番組作りが特徴でコマーシャルベースではありません。

日本で言えばテレビのないNHK的な存在?、と私は考えていますが、運営資金がどのように捻出されているか知りません。

公共ラジオといいながらラジオ局は所有していません。

が、米国でラジオのスイッチをひねるとさまざまな局でNPRのアナウンスメント(公共広告)や番組を聞くことができます。NPRのアナウンスメントは米国では社会的影響力があるものとされています。日本ではインターネットラジオとWEBで視聴可能です。

Promoting Perfume, Not Poppies, in Afghanistan
(ポピーからパフュームへ)

タリバン政権崩壊後、アフガニスタンのヘロイン産業は急成長し世界最大規模となりました。数年前から現地の人間や海外の投資家がドラッグの代替産業を育成するためにバラ栽培を奨励する活動を行ってきましたが、困難の多いイバラの道のりとなっています。

---------------QUOTE--------------
Since the fall of the Taliban in Afghanistan, poppy production has skyrocketed in the country. The Afghan heroin industry is by far the largest in the world.

For the past several years, a group of Afghan and foreign businessmen has been trying to offer an alternative, by urging farmers to grow flowers for perfume instead of for drugs. But it has been a frustrating and costly project.
---------------QUOTE--------------

(続く・・・)

ケシからバラへ、その2
(2008-06-05)
search
月一メルマガ

TOP