香水biz ブログ

( 香水工場の日常 )

OEMフレグランス、問い合わせ増加中
毎年9月くらいから企業からのオリジナルフレグランスの問い合わせが増えます。クリスマスイベントに向けての準備なんです。近年オリジナルフレグランスが高額商品のギフトやノベルティとして利用されるケースが多いようす。

当社では自社製品フローラル・フォーシーズンズを制作していますが、同時に企業さん向けのオリジナル香水やOEMフレグランスの開発も請け負います。必要があれば、私も都心まで打ち合わせに馳せ参じることもあります。

ちょっとむずかしいと感じるのは、ギフトではなく「販売したい」というお客様。昨日訪問したお客様は、自社セミナーの会員様にオリジナルフレグランスの販売を検討されていました。

一般論ですが、日本の化粧品市場2兆5千億円。そのほとんどはスキンケアやメイクアップ関連で、儲けたいならスキンケア、しかも高額スキンケアで行くのが鉄則。フレグランスのシェアはというと、なんと2%の500億円も満たないのです。

しかも、その小さな小さなパイは、ほぼヨーロッパのブランドさんの独占状態。日本の大手化粧品メーカーさんが香水に関して腰が引けている理由が推し量れます。

以上のような状況です。販売目的のオリジナルフレグランスの開発・制作はリスクが高い、厳しい事実をお伝えし、協議し、あとはお客様の判断です。
(2005-11-01)
search
月一メルマガ

TOP