香水biz ブログ

( 香水工場の日常 )

危ない商人達の「お得意さまリスト」
身内でアロマをはじめた人間がいます。

な〜にちょっと興味がある程度で長続きするとは思えませんが、火を使うアロマポットは、間違ってご自宅を燃やす事故も増えていますので、そのへんは注意してねくらい考えていました。

ところが、最初に機材やランプ、オイルなどを購入するために10万円程度の初期投資が必要と聞いて「あれ?」と思いました。話を聞けば販売方法がなにやらマルチ商法風。

フレグランスにしろアロマテラピーにしろ、香りの正しい楽しみ方は、数百円からはじめていただき、数千円でいろいろな冒険を繰り返してエキスパートになっていただきたいと考える私には、ずいぶんと手前味噌なビジネスだね〜と感じたものです。

最初の初期投資も痛手ですが、いったんはまり込むと「お得意さまリスト」に掲載されかねないリスクがあります。そのリスクは避けた方がよいと思います。

なぜかそういう「お得意さまリスト」はある種の商売をやっている方々の間で流通しているようです。


怪しげな健康食品を繰り返し買い込んでいる別の知人がいます。

ご高齢の裕福な方です。彼女は親切で知性もあり教養もある立派な方ですが、彼女の元には訪問販売の怪しげな営業マンが入れ替わり立ち替わり足繁く通ってきます。

そして、おそらく親切であるが故に熱心な営業マンには断れないのだと思います。ご自宅は健食の山となっています。

「なぜ違う営業マンが入れ替わり立ち替わり来るのか?」

疑問に感じていました。

都内のある名簿屋さんに見学に行きました。全国の小中大の卒業名簿はもちろんのこと企業や協会の役員名簿、高額納税者リスト、高級自動車購入者リスト、○○購入者リスト・・・

上記は、一般人でも比較的簡単にそして安価に購入可能なリストでした。最近は個人情報保護という考え方が徹底してきて学校などでは名簿類の作成はしなくなりつつあるそうですが、「商品」として流通していた事実は若干新鮮でした。リストが商品なら、我々にはあまり目に触れない「高価」なリストが流通していてもおかしくありません。

けっきょくアロマに関心をいだく身内には使い古しのアロマディフューザーと余っている精油を少々あげることにしました。健食を買い込む知人には大きな失敗に至らないよう祈りをささげる毎日です。

(2008-06-27)

TOP