香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

アブダビ「殺人香水」デマで大騒ぎ
先日投稿した怖いニュースの第二弾。ちょっと趣向を変えて・・・

UAEとカタールで「殺人香水」のうわさ

Killer perfume rumors raise fears in the UAE

アラブ首長国連邦(UAE)とカタールで、「殺人香水」(キラーパフューム)が出まわっているとのウワサが拡がり現地の人々を恐怖に陥れています。

身元不詳の香水メーカーの香水を使用後、4日間で18人が死亡、35人がアブダビの病院の集中治療室で手当を受けているという内容です。

ウワサの媒体は携帯電話のショートメッセージ。ショートメッセージサービスはヨーロッパ・中近東のGSM方式地域で盛んな「携帯電話メール」のようなものです。

知人からウワサメールが飛んでくるところがミソです。

このウワサには「人々を助けるために緊急でこのメッセージを知り合いに送ろう!」と添えられていること。善意ある人々の心理を利用したものと考えられます。あざといです。

ウワサ拡大の仕方は話題性と驚きがあって口コミで爆発的に拡がった昔懐かしい「口裂け女」の都市伝説にそっくりです。しかも、口コミにプラスしてチェーンメール型です。携帯電話メールですので拡大のスピードは文字通り電光石火。社会現象としておもしろいケースになりそうです。

「このうわさにアブダビ警察はすぐさま対応し、警察幹部が正式にうわさを否定するコメントを発表した。この幹部は、うわさは『根拠のないもの』で、背後関係に香水販売業者間の争いなどはないとした」(AFP)

日本ならどうでしょうか?「口裂け女」や様々な風説で鍛えられすでにある程度免疫ができているので(現在でも時々小学生の間で火の手が上がることがあるものの)、私たちはそう簡単には動じないと思いますし、いったん広まっても自浄作用が働き笑い話として収束しそうです。

しかし、UAEでは警察がすぐに反応し「事実無根」との正式コメント発表という事態に至っています。

「警察がすぐに反応」という部分になんか凄い裏(政治的陰謀みたいな?)がありそうで、サスペンス心を刺激します。

たんなる「子供のイタズラでした」というオチで終わるとしたらやや寂しいと感じるのも不謹慎ではありますが、ちょっとだけ人情かな?


(2008-12-23)
<配送商品からタバコのニオイがしたら? | テレビは金融不安一色>
page top:▲
search
Blog2(72), ブルガリアンローズ(24), ローズジェル(21), 花の香り(21), 香水セミナー(18), moved(18), 香水ボトル(17), 人生(17), ベタガード(16), 白檀香水(15), 練り香水(12), メンズ香水(12), ムスク(11), 香りの話題(11), 香水ビジネス(11), 銀の抗菌防臭(10), 精油(10), モテ香水(10), 『香る生活』(10), アイテム(9), ローズウォーター(7), 香水ニュース(7), 体臭(6), ベチバー(6), 香りと無関係な話題(5), スキンケア(5), 香りと健康(4), 企画・イベント(4), 調香師(パフューマー)(4), ネイルケアこまめ(4), アンチエイジング(4), アロマテラピー(4), お茶(4), 廃盤&復刻(4), 使い方(3), 店舗(3), 香水の悩み(3), 香水カグー(3), 香辛料(3), OEM(3), コスメ名言(3), メルマガ(3), 安眠と香り(3), 感想(3), 化粧品原料(3), お客さま投書(3), ブランド(2), 使用期限(2), 動画(2), 5月の贈り物(2), Amazon(2), 香料(2), sns(2), スモカワ(2), ローズ香水(2), 香水の販促(2), エコ・プロジェクト(1), 香水「摩天楼」(1), スリーピングミスト(1), 沈香(1), 香水月桃(1), 悪臭(1), モバイル(1), ローズマリー(1), ろうばい(1), 犯罪(1), ローズの贈り物(1), 香水の取り方(1), ユリ(1), ハニーサックル(1), プチギフト(1), フェロモン香水(1), 商品開発(1), 社内風景(1), 香水展示会(1), 香水市場(1), 検索ワード(1), スピリチュアル(1), 香水の落とし方(1), お酒と香水(1), 嗅覚(きゅうかく)(1), ジャスミン(1), シャワージェル(1), マスコミ(1), 香木系の香り(1),