香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

落葉したイチョウの葉の香ばしい匂い
イチョウは私の好きな木です。桜吹雪もいいのですが、滝のように葉っぱを落としていく晩秋のイチョウも豪快でステキです。

大学の頃、仲間とオフロードバイクで山林に迷い込んだことがあります。獣道をさまよって、偶然、山中の広場のような所に出ました。その空き地にはイチョウの大木が立っており、ちょうど季節柄、紅葉した黄色い葉っぱが滝のように落ちていました。落ち方がスローモーションのように見えてました。

その光景があまりにも綺麗でエンジンを切って見とれました。すると誰もいない山中は「超静寂」。この静寂な山にエンジン音を鳴らして走り回っいたことが申し訳なくなりました。

それ以来、エンジンの付いたモノで深山に入ることはなりました。ささやかなボク的イチョウの記憶です。

2008年も暮れかかった12月後半、最後のイチョウの紅葉を撮影するために国分寺の遺跡「武蔵国分寺」へ行きました。この大木こそが近辺で最後の最後に紅葉し落葉するイチョウの木です。樹齢は不明。千年くらい(?)

あまりの風格に手を合わせて、商売繁盛の身勝手なお願いを祈りました。ここは武蔵国分寺・七重塔の跡、千年以上の歴史が刻まれていることを思うと神聖な気持ちになってしまいます。












そして、これが収穫してきたイチョウの葉っぱ。

何するつもりかって?部屋に置いておきます。落ち着く香りがします。毎年違う匂いです。去年は濃厚な甘さがありましたが、今年はややあっさり目でワラのようで漢方薬のようにも感じます。



武蔵国分寺・七重塔の跡、銀杏(イチョウ)の落葉した葉
武蔵国分寺・七重塔の跡、銀杏(イチョウ)の落葉した葉



(2009-01-08)
<スパム&ネット名簿業者の波状攻撃 | 納豆とちびまる子ちゃん>
page top:▲