香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

広がるヒアルロン酸の自己注射、危険な香り
・ヒアルロン酸注射注入

一気に若返るシワ対策、一度始めたら人情として止められなくなると思います。気軽にできるシワ取りにボトックス注射が有名ですが、最近「ヒアルロン酸注射」が盛り上がっているそうです。「プチ整形」なんてカワイイ言葉なんかもあって一段と誘惑されやすい状況です。

ヒアルロン酸やコラーゲンは合成で製造するにしても体内成分ですし、人為的注入も危険でないようなウワサがあるそうですですが、自分の体が作り出した成分でない以上、人体の免疫システムには「異物」や「侵入者」「外敵」に判断される可能性があります。

注射などで強引にチャージするのは、やはりどんなリスクを負うか不明と考える研究者の方が多いでしょう。

「インターネットで購入したヒアルロン酸を、自分で顔などに注射する行為が広がっている」(1月10日 毎日新聞)

というニュースを見ました。「異物肉芽腫症」(固い塊)になった女性の方のケースがトラブル事例として記載されていました。


・シリコン注射注入

「ほっぺの膨らみが足りないから」と自分でシリコンを注射注入していた人のニュースも聞いたことがあります。この方も異物肉芽腫症で顔がエレファントマンのようになっていました。危険な香りがしました。

男性にはペニスにシリコンを注射注入するプチ整形もありますが、表に出にくいだけに水面下の事故も多いかもしれません。危険な香りがします。


・栄養剤注射注入(点滴)

最近では病気でないのに栄養剤の点滴注射も大流行です。ビタミン注射や気分をハイにする注射や中にはニンニク注射なるものまであるそうで。

本来胃腸や肝臓などを経由して濃度調整や組成変更、毒物処理などを受けた上で体内に運ばれるはずの成分や栄養素がダイレクトに体内を駆け巡るわけで即効性抜群です。私も体験したことがありますが、目の覚めるような効果です。

しかし、本来の自然でない摂取方法には当然副作用リスクもあるわけで、ここは意見の分かれ目でしょう。

「即効性という魅力」と「副作用というリスク」。

医学や美容技術の進歩が早すぎて目が回りそうです。


(2009-01-12)
<ロハスもナチュラルも行きすぎれば文明そのものも「?」マーク? | スパム&ネット名簿業者の波状攻撃>
page top:▲
search
Blog2(72), ブルガリアンローズ(24), ローズジェル(21), 花の香り(21), 香水セミナー(18), moved(18), 香水ボトル(17), 人生(17), ベタガード(16), 白檀香水(15), 練り香水(12), メンズ香水(12), ムスク(11), 香りの話題(11), 香水ビジネス(11), 銀の抗菌防臭(10), 精油(10), モテ香水(10), 『香る生活』(10), アイテム(9), ローズウォーター(7), 香水ニュース(7), 体臭(6), ベチバー(6), 香りと無関係な話題(5), スキンケア(5), 香りと健康(4), 企画・イベント(4), 調香師(パフューマー)(4), ネイルケアこまめ(4), アンチエイジング(4), アロマテラピー(4), お茶(4), 廃盤&復刻(4), 使い方(3), 店舗(3), 香水の悩み(3), 香水カグー(3), 香辛料(3), OEM(3), コスメ名言(3), メルマガ(3), 安眠と香り(3), 感想(3), 化粧品原料(3), お客さま投書(3), ブランド(2), 使用期限(2), 動画(2), 5月の贈り物(2), Amazon(2), 香料(2), sns(2), スモカワ(2), ローズ香水(2), 香水の販促(2), エコ・プロジェクト(1), 香水「摩天楼」(1), スリーピングミスト(1), 沈香(1), 香水月桃(1), 悪臭(1), モバイル(1), ローズマリー(1), ろうばい(1), 犯罪(1), ローズの贈り物(1), 香水の取り方(1), ユリ(1), ハニーサックル(1), プチギフト(1), フェロモン香水(1), 商品開発(1), 社内風景(1), 香水展示会(1), 香水市場(1), 検索ワード(1), スピリチュアル(1), 香水の落とし方(1), お酒と香水(1), 嗅覚(きゅうかく)(1), ジャスミン(1), シャワージェル(1), マスコミ(1), 香木系の香り(1),