香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

香水瓶の歴史#7 ローマ時代のガラス1
ローマ時代は、大プリニウスの百科全書『博物誌』が書かれますので、いろいろな記録が残っています。

『博物誌』には怪獣など荒唐無稽なストーリーもありますが、人々の生活やヨーロッパの文物の起源のヒントになるような話が多数収録されており、歴史家や○○史に関する絶好の研究対象になっています。


大プリニウスの百科全書『博物誌』


ガラス瓶の起源や、香料や石鹸の起源などについても書かれていてこのブログでも『博物誌』は何度も触れています。『博物誌』の概要は下記の通りです。

大プリニウス(Pliny the Elder、ガイウス・プリニウス・セクンドゥス、Gaius Plinius Secundus)の百科全書『博物誌』(Naturalis Historia、The Natural History)全37巻

百科全書なので、地理や天文、動物、昆虫、鉱物、人間社会などについて多方面の博学が書かれていますが、ことのほか、植物(plants, spices and perfumes)・医薬品(Medicinal)には多くの章が割かれており充実しています。

香料や香料植物、生産地や人々の使用方法なども記載されており、香水史や香水の歴史の研究に重要な参考資料にもなっています。

※案外念入りに書かれているのがワインの作り方やブドウ園の経営やブドウの木の育て方など。これは余談です(おそらく、プリニウスも大のノンベーだったんですね)。

大プリニウスの百科全書『博物誌』の翻訳本を読もうとするとウン万円と高価ですが、ラテン語なら下記のサイトで読むことができます(タイトルや序文こそ英語ですが中身はラテン語が多い):

Pliny the Elder: the Natural History(大プリニウス『博物誌』)

※タイトルだけ引用(quoted contents):
-------------------------------
第1章 目次(Pliny's table of contents, index, and bibliography as he wrote them)
第2章 天文&気象(Astronomy and meteorology)
第3章 地理(Geography of the Western Mediterranean)
第4章 地理(Geography of the Eastern Mediterranean, the Black Sea, continental and northern Europe)
第5章 地理(Geography of Africa, the Middle East and Turkey)
第6章 地理(Geography of Asia; summary overview and wrap-up of world geography)
第7章 人類(Anthropology and human physiology)
第8章 動物(Land animals: elephants, lions, tigers, panthers; cows, horses, asses, mules, sheep, goats; mice, dormice and a few others)
第9章 海洋生物(Marine animals: whales, dolphins, fish, shellfish, etc)
第10章 鳥類(Birds; animal reproduction; the five senses)
第11章 昆虫(Insects, then comparative zoology, fumblings toward a taxonomy)
第12章 植物&香辛料&香料(Exotic plants, spices and perfumes: from India, Egypt, Mesopotamia etc)
第13章 植物&海洋植物(More plants, including aquatic plants)
第14章 ワインの木&ワイン(Plants: the vine and wine)
第15章 オリーブの木&実(Plants: the olive tree; oil and its uses; fruit and nut trees)
第16章 常緑樹(More trees, mostly evergreens)
第17章 果物&栽培方法(Fruit trees and vines and the art of planting them)
第18章 農園経営(How to run a farm)
第19章 菜園植物&亜麻布(Garden plants, including a long section on flax)
第20章 菜園植物&野菜(More garden plants: mostly vegetables)
第21章 花(Flowers)
第22章 その他植物(Miscellaneous plants, including dye plants)
第23章 薬効&ワイン(Medicinal properties of wine, vinegar, oil, nuts, fruit)
第24章 薬効&(Medicinal properties of trees and herbs)
第25章 薬効&(Medicinal properties of herbs)
第26章 薬効植物(Major medicinal herbs. The book opens with a section on new diseases)
第27章 薬効植物(Minor medicinal herbs, in roughly alphabetical order)
第28章 医学(Medicinal uses of the human body's own products (and discussion of charms); of animal products)
第29章 医学(Medicinal uses of animal products, continued; but the book starts with a long stiff diatribe against doctors)
第30章 医学(Medicinal uses of animal products, continued; this time the book starts with a preamble about magic arts)
第31章 医学(Medicinal uses of marine products: salt, plants, sponges, etc)
第32章 医学(Medicinal uses of marine animals)
第33章 金属(Metals: mostly gold, silver and mercury)
第34章 金属(Metals: bronze and lead; but mostly a discussion of statues, in fact)
第35章 鉱物(Uses of earth; but starting with pigments, is mostly a discussion of painters, although the end of the Book goes back to sulphur)
第36章 鉱物(Stone. One of the better books. The first half is about sculpture; then a bit of fascinating architecture (obelisks, the Pyramids, the Cretan labyrinth), finally various building materials (plaster, sand, stone), then glass. Ends with a paean to fire and an utterly peculiar story in the very last paragraph)
第37章 鉱物(Stones: rock crystal, amber, gemstones; semi-precious stones. At the very end of the Book, Pliny gives his list of ""best of categories""; the best of countries is Italy, in case you were wondering . . )
-------------------------------

※ボランティアで個人的にWebにタイプインされた模様です。頭が下がります。

(2010-02-17)
<香水瓶の歴史#8 ローマ時代のガラス2 | 香水瓶の歴史#6 ギリシア時代のガラス>
page top:▲