香水biz ブログ

日本の香水、国産香水・・武蔵野ワークス
香水創りと香水ビジネスの日常

フルーティな香りが降りる梅の花

雪の連休と梅の花


この連休、東京は久々の雪に見舞われました。寒かったですね。デスクワークをしていても寒さはヒシヒシ。

凍える手足は・・・仕方ないですね、イマイチ暖房が効かない超エコな事務所ですので(寒いので内心出社をいやがるスタッフも)。

シンシンと雪降る外を見ていると野鳥や野生の動物はどうやってこの寒さをしのぐのかとチラッと心をかすめます。春が待ち遠しいですね。

・・・なんて見渡すといつの間にか、いたるところ赤や白の花をつけた梅の花が咲きほころんでいました。この寒い中にまあ元気なものです。


武蔵野を埋める梅の花と芳香


武蔵野では梅の木はご家庭のお庭の定番樹木。普通に梅だらけなので、この季節は武蔵野全体が梅祭りのようなものです。

旧農家だったお宅(まだまだ武蔵野には多いんですよ)などはすばらしい梅がワシャワシャ茂っていて満開の頃は心まで明るくなります。

日本の懐かしい風景ですね。

また、武蔵野が梅の花で埋め尽くされると風の中に、かすかなフルーティーな香りが混じるようになります。

ちょっとしたはずみや瞬間に「あれ?甘い香りした?」なんていう感じです。


香りは沈む煙のように


梅はフルーティな香りを漂わせますが、多くは強くありません。またまったく香りを出さない品種や個体も多いようです。

その微妙さが、また超日本的です。強烈メリハリある香りを愛する外国人が共感できない香りのニュアンスかもしれません。

しかし、香りを発している梅の花の下にたたずむと微かな香りが降りてくる感じがはっきりわかることがあります。

そのときわたしには、梅の花が音を立てて芳香を噴射している幻想にとりつかれます。

そんなときの梅の花の香りは、ドライアイスの煙のように香りの重さで静かに頭上から香りが降りてくる感じです。

幸福な瞬間です。


(2011-02-14)
<取引先担当者との別れと出会い | 乾燥の季節、甘い濃厚香水もサラリと>
page top:▲