香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

スリーピングミスト、リニューアル

リニューアルの内容


スリーピングミストは、寝るときにリラックスして眠りたい、という方を想定したフレグランスです。

当初は、人につける香水というより、お部屋にスプレーする「ルームフレグランス」と考えていました。

ミソは、「リラックスして眠りたいときの香り」と「ルームフレグランス」。

リニューアル後は、「リラックスして眠りたいときの香り」は同じで、ルームフレグランスが「オーデコロン」となり、サイズは「50mL」から「30mL」となります。


「リラックスして眠りたい」、香りと安眠の深い関係


香りと安眠の間には、深い相関関係があることは体験的に多くの人が感じること。

実際、心理学の実験などでよい香りのある・なしで「眠りに落ちる早さ」と「眠りの深さ」が違ってくることは比較的、簡単に実証できるそうです。

香りがもたらす安堵感が、心地よい眠りへと誘うのでしょう。


良い香りが良い眠りに良い


これも実証実験で検証可能です。より香りがある方が、安定的によい眠りに入れるそうです。

ならば逆に、眠るときは、香りをもっと利用したらどうだろうか、という発想がスリーピングミスト。

素朴な発想のプロダクトなんです。


天然香料ベースの香り


スリーピングミストは、そういう素朴な発想から生まれた製品です。本当はフローラル・フォーシーズンズの香りでもいいと思います。

実際、眠る際にフローラル・フォーシーズンズをご愛用いただいているお客様も多数おられます。

しかし、眠るときはさらにナチュラルで原始的な環境にカラダをおいてあげた方がよいはず、なるべく天然香料ベースの香りにすることをコンセプトにしました。

もちろん、当社は「天然香料100%」信仰を抱いておりません。

天然物だけで製品を作ることは環境的にも無理な時代に入ってきていますし、植物精油の天然100%は、むしろ生理的に危険という事情もあります。

そこで「なるべく」天然香料ベースの香りモノ、がスリーピングミストのコンセプトです。


「ルームフレグランス」から「オーデコロン」へ


今までのスリーピングミストは「ルームフレグランス」でした。リニューアル後のスリーピングミストは「オーデコロン」となります。

何が違うのでしょう?

法的な位置づけが違います。法的には「ルームフレグランス」は雑貨、「オーデコロン」は化粧品。

化粧品は薬事法の制限を受ける製品ですが、雑貨は薬事法とは無関係です。化粧品の方が原料のグレード・安全性や使用方法などに厳しい規準が求められます。


初代は、ピロ-ミストとしての使い方


初代スリーピングミストを「ルームフレグランス」として開発した理由は、その使用方法にありました。

カバーなどに吹きかける使用方法を想定していました。あるいは寝室の空間にスプレーしてもうら方法です。

もし化粧品としてスリーピングミストを製造すると、化粧品は肌につけるモノですので、枕カバーなど上記のような使用方法を説明書に記載したり、どこかに明記することは許されません。

そういうアドバイスを行うことも厳密には薬事法違反です。

しかし、お客様には肌につけたいという要望が多かったのも事実です。


中身は同じだが、お肌につける使い方


スリーピングミストは、当初から化粧品として認められる化粧品グレードの原料で製造していましたので、お肌へ使用しても安全性上問題ありませんでした。

しかし、化粧品でなかったためお肌への使用は明記したりアドバイスすることができませんでした。

リニューアルでは化粧品と見なされる「オーデコロン」に変更します。

中身は変わっておりません。

化粧品ですので、今後はお肌への使用は明記できますが、逆に今度は、枕カバーに付けたりルームフレグランス的な的な使い方は明記できません。法的な事情です。




スリーピングミスト(オーデコロン)


※スリーピングミスト(オーデコロン)シリーズ



サイズと価格の変更


前世代のスリーピングミストは、50mLサイズのボトルを使用していました。日本人にはなかなか使い切れない人が多いようです。

リニューアルでは、フローラル・フォーシーズンズと同じ30mLボトルにリサイズします。ボトルもフローラル・フォーシーズンズとシェアすることでコストダウンもはかりました。

初代スリーピングミスト同様、ニュースリーピングミストの香りをお楽しみください。


(2011-04-28)
<香水もときに強力な生活物資? | 今年の「5月の贈り物」はスズランの香り>
page top:▲