香水biz ブログ

( 香水工場の日常 )

新製品「金木犀2011」、間に合いました

香水「金木犀」の人気の秘密は?


金木犀は、当社の香水の中でとても人気がある商品です。人気の理由は、金木犀の香りを探している人の分母が、やはり尋常じゃない、ということに尽きる思います。

そして、金木犀香水リリースしている香水メーカーが少ないことも要因ですね。

たとえば、バラ香水なら、バラ香水をリリースしない香水メーカーを探す方が困難。バラの香りに似ているかどうか別として、とにかく香水メーカーにバラ香水はつきもの。

しかし、金木犀の香水となると・・・実は私自身は、金木犀香水は、ヨーロッパのあるブランドさんの製品を知っているくらい(珍しいですね)。あとは、ほとんど知りません。

なんでも昔は、金木犀の香水はそれなりに存在したようですが、撤退されたのでしょうか?

武蔵野ワークスの香水「金木犀」は、だから、"身近な金木犀の香水"としてご愛用いただいているかもしれません。


自然の創造物には到達できないもどかしさ


しかし、植物の金木犀の花と比較すると、自然が進化の過程で獲得した完成度の高い、あの切ない香りには到底及ばないことは認めざるを得ません。

バラ香水が、本物のバラに永遠に到達できないように、金木犀も私たちには永遠に到達できない星のような存在です。


でも試行錯誤は継続したい


数年前から「できない」という考えるより「試行錯誤してみよう!」と考えるようになりました。

社内だけでなく大手の香料会社さん(パフューマーさんが多数在籍していますので)や海外パフューマーさんの協力も得て、現在も試行錯誤中です。

その中の一つが今回、テストリリースとして製品化されました。その名前は

フローラル・フォーシーズンズ「金木犀2011」

本当にそのままです。

現行の「金木犀」と比較して金木犀のフルーティーさとオレンジ色の色彩感がより伝わるかもしれません。

しかし、どちらがよい香りという判断はできません。個人ごとに好みは分かれると思われます。また個人にごとに、どちらをリアルと感じるか分かれると私は予想しています。

いよいよ、10月1日からリリースです。こちらもキャンペーン対象です。


(2011-09-29)
search
月一メルマガ

TOP