香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

2012新作「たんぽぽ」
(2012/05/14)

2012年新作香水「たんぽぽ」をリリースしました。そんな事情でもなければ、あまり気にしなかったタンポポ。花のかわいいイメージは世界共通(2012/05/14)
2012年新作香水「たんぽぽ」

タンポポはライオンのイメージ?


タンポポ、英語ではダンデライオン(Dandelion)といいます。デンデライオンとも言います。

「ライオン」という響きがいい感じですね。デンデライオンという言葉は、ビジュアルに来るところが気に入っています。

もとはフランス語で「ライオンの歯」という意味があるそうです。花より葉を指しているのではないかとされていますが、花は、やはりライオンに見えます。

デンデライオンに負けず日本語のタンポポもそういうホンワカワードです。

おそらく西洋も日本も、かわいい花というイメージがあるに違いありません。


2012年新作香水「たんぽぽ」


今年2012年、武蔵野ワークスでは「たんぽぽ」という新作香水をリリースしました。

そんな事情もあり、なんとなく野に咲くタンポポにも気がいくようになりました。

そして、気付けば、道端にも空き地にもいたるところに咲いているではありませんか!

この季節、武蔵野では5月初旬にいっせい花を咲かせました。在来種なのかセイヨウタンポポなのかよくわかりませんが「オールカワイイ!」の一言です。


たとう紙のタンポポ草原


会社のデザイナーさんが、先月タンポポの草原写真をメインにした「たとう紙」(パンフなどを挟むリーフレットのようなもの)のデザイン案をもってきたとき、その写真を見て、

「へえー、海外のタンポポの花は黄色なんだ!」と驚きました。
タンポポのたとう紙

私には、なぜかタンポポの花は「白」というイメージがあったのです。

しかし、今年、武蔵野の至る所に咲いていたタンポポはすべて黄色でした。

白いイメージはどうやら綿帽子(綿毛)のイメージかな・・・今まで無関心に過ごしてきたタンポポも、これからは、毎年開花が楽しみになりそうな気配です。よく見ればカワイイ花ですね。

タンポポ綿帽子(綿毛)



(2012-05-14)
<*第一印象では選びにくい香水 | 甘い香りのカツラと香水「桂の木」>
page top:▲