香水biz ブログ

( 香水工場の日常 )

成功だった、金木犀ミニ3本セット
(2012/11/15)

去年リリースした香水「金木犀2011」、今年の「金木犀2012」と従来からの「金木犀」を合わせたミニ3本セットを今年の金木犀キャンペーンに投入しました(2012/11/10)
金木犀ミニ3本セット


比べるとわかりやすい香りの個性


勝沼のワインセラーで聞いた話ですが「数本並べてテイスティングするとそれぞれのワインの個性がわかりやすい」という話は、香水にもそのまま当てはまります。

3本同時に比較していただくことで、それぞれの個性を感じていただけたと思います。当社にとって想定外だったことは「金木犀2011」「金木犀2012」というネーミングにしたためか、「金木犀」よりは「金木犀2011」、「金木犀2011」よりは「金木犀2012」がバージョンアップ版、品質がよくなっているという誤解をされるお客様がおられたこと。これは来年の課題の一つです。


人気だったセット


初期ロットは1,200セット用意していたのですが、10月中旬にさしかかっても人気が衰えなかったために継ぎ足し継ぎ足し追加生産をして2,000セットくらいを販売させていただきました。


評価はいろいろ


ミニ3本セットで、金木犀の香りをお楽しみいただけましたでしょうか?コメントをいただいております。手厳しいコメントもありましたハッピーコメントとアンハッピーコメントを一つづつ・・・


●「三種類試してみましたが、すごく良い香りです。私の場合、2011バージョンが一番金木犀に近い気がしますが、一番すきなのは2012です。今日は2012をつけています。朝七時前に、サンプルボトルのフタについた棒(?)のところを、アキレス腱のところでぬぐった程度なのですが、デスクワークをしていても、ほのかに香ってきます。 」

(当社コメント)金木犀2012は、フランス人パフューマーさんによる調香で日本人のイメージする金木犀とは違うという意見の割には「大好き」派も多くて来年も残した方がいいのかな・・・とスタッフも迷っております。


●「私が望んでいた香しい、清々しく甘い金木犀の香りとはほど遠い油ぎった感じでよおく注意していくらか金木犀のものかなとわかる程度で失望しました。やはり本物の香をエキスにしてとりこむのは技術的に難しいのですね」

(当社コメント)ご期待に添いかねる結果となり、大変申し訳ございません。ご指摘の通り金木犀から香りのエッセンスはほとんど採れず、また採れでも金木犀の香りとはほど遠いので、金木犀の香りの忠実な再現はどのブランドさんも苦労しています。これからも金木犀の香りの調香は試みていきます。


すべてのコメントは、 → こちら



(2012-11-15)
search
月一メルマガ

TOP