香水biz ブログ

( 香水工場の日常 )

「男女」に分かれた香水「月桃」
人気香水オードパルファム「月桃 for men」から for men の表記がなくなります (2018/02/20)

月桃
沖縄のゲットウからは精油が採取されます、数少ない日本の精油


オードパルファム月桃


当社の香水には一アイテムだけ「ウーマン」と「メンズ」に分けた香水があります(正確には "ありました")。

「月桃」(ゲットウ)です。

月桃・フォー・ウイミン
月桃・フォー・メン

「ウイミン」は Women の日本語表記のつもりです。


表記が微妙だった「ウイミン」


Womenの発音は、日本語に存在しない音で実際の音に近い日本語表記ができません。

綴りの読み方なら「ウーメン」「ウィメン」ですが、実際の音としてはかなり不自然だったので、カタカナで一番近いと思われる「ウイミン」を当社ではあえて採用しました。

しかし「ウイミン」と表記している人はほぼないので、最後までモヤモヤした表記でした。社内では「月桃・女」「月桃・男」と呼んでいました。

この「月桃・女」は、数年前に廃盤となり、現在では販売終了しております。


男女に分かれた事情


さて、この月桃、「ウーマン」と「メンズ」に分けた理由はこうです。

月桃は、日本で採取される数少ない精油(当社月桃オイルは全量沖縄産)ですので、注力したい素材でした。現在でも、月桃の香水製品を長期的に維持したいと考えています。

月桃精油は、主にリーフオイル、つまり葉や茎から採取されるオイルです。月桃畑に行くとサトウキビ畑のように見渡すかぎり青々と茂る逞しい月桃を見ることができます。

その姿は、ハーブながら人の背丈を超えていて圧倒されます。

「あのイメージを香水にしたい」が月桃香水の動機でしたが、実際に沖縄に行くと、月桃の花が、これまた美しく、南国的なたたずまいで強烈なイメージを受けます(担当パフューマーの話)。

「青々と茂る月桃」と「優雅な花」の印象に2分され、とうとう2作品になってしまいました。

できあがった作品をスメリングしながら社内協議したところ

・甘美で優しく女性が好みそうね・・・
・力強くワイルドで爽快でクール、海を思わせるテイストは「メンズ」に会いそう・・・

という意見になり、そのまま「月桃・フォー・ウイミン」「月桃・フォー・メン」というネーミングになりました。偶然、ネーミングが男女を引き裂いてしまった結果になりました。


ミニとフルで分かれた人気


「月桃・フォー・ウイミン」「月桃・フォー・メン」のどちらが人気だったと思いますか?

ミニボトルのご注文は、女性客が圧倒的に多い当社ではネーミング通り、8割以上が「ウイミン」でした。

しかし、フルボトルは「メン」が「ウイミン」の2倍売れていました。

商品名やラベルが「フォー・メン」でも、現代女性には何ら問題はなかったようです。

そういう時代なんですね。


「フォー・メン」の表記を消していきます


「フォー・ウイミン」は廃盤となっており、また男性に好まれそうだと予想していた「フォー・メン」も男性よりも女性に人気があります。

そのため「月桃・フォー・メン」の表記から「フォー・メン」を削除して、たんに「月桃」というネーミングに変更していくことになりました。

Webページやプロダクトガイドで、新規制作・新規発行される分から変更予定です。

長い間「月桃・フォー・メン」のご愛用、ありがとうございました。

今後は、「月桃」という香水名になります。


※古い記事ですが、「月桃」の男女に関する記事 → 性別がなくなる香水


(2018-02-20)
search
月一メルマガ

TOP