香水biz ブログ

( 香水工場の日常 )

男性と香水#5 性別がなくなる香水

「フォー・メン」でも気にしない女性


当社の香水「月桃」は、珍しく「フォー・ウイミン」「フォー・メン」と男女に分けられた商品です。このどちらが人気だと思いますか?

女性客が圧倒的に多い当社ではネーミングの通り、ミニボトルのご注文は、8割以上が「ウイミン」です。しかし、フルボトルでは「メン」が「ウイミン」の倍近く売れています。

商品名やラベルが「フォー・メン」でも、現代女性には何ら問題はなさそうです。すでに以前から女性が男性用の香水を抵抗なく使う現象は指摘されていることです。


男性顧客に人気のフローラルな香り


当社製品で、男性に人気がある商品は・・・?

「金木犀」「サンダルウッド」「樹海」「柑橘系」「菖蒲」「碧海」などです。

しかし、それらに集中しているかと言えば、まったくそうでなく、総じてバラけています。

フローラルで女性に好まれそうな甘美な香りも、男性に人気です。

男性客にフローラルな香水が売れていく様子は、もはや今までの香水の性別図式が当てはまらないことを物語ります。


香水性別図式


今までの"香水の性別定義"によれば「男の香水」と言えば、いちおう下記のような感じでした:

・「メンズ = シプレー」
・「メンズ = フゼア」
・「メンズ = タバック」
・「メンズ = レザー」
・「メンズ = シトラス」
・「メンズ = ウッディ」

「タバック(葉巻の香り)」「レザー(皮革の香り)」は今でも男性のみに好まれがちな香りです。

しかし、それ以外は、すべて女性もOK、女性に人気のカテゴリーになっていることにも気づかされます。


香水の性別が無意味化しはじめている


昔、香水といえば甘く粉っぽいイメージがありました。

しかし、現代の女性は甘いフローラルから、以前なら男性用と考えられていたシトラス系、ウッディ系、マリン系、アニマル系、シプレー系も軽々使いこなします。

そなんです、軽々、"何でも来い"状態なんです。

要は「草食系男子」「オヤジギャル」という流行語が示すとおり、香水分野でも果てしないすべてのカテゴリーでユニセックス化が進行中のようです。



この記事は#5

#7 幕末、男達の香水
#6 権力者たちが愛した香り
#5 性別がなくなる香水
#3 検索総数が示す「香水&男」
#2 顧客の男女比
#1 男女の感性の違い

(2009-12-15)
search
月一メルマガ

TOP