香水biz ブログ

( 香水工場の日常 )

ハゲに効く白檀、発毛の白檀?
たしかに悩める我らには話題性はあるが・・ (2018/09/27)


( ニューズウィーク日本語版 2018年9月21日 )


問い合わせで知るサンダルウッドの育毛効果


この数日、「貴社製品の『白檀(サンダルウッド)』には、サンダロア(サンダロール)は含まれていますか?」という趣旨の問い合わせが数件きた。

香料の成分名を指定されることは珍しいので、何事かと思いきや、スタッフが、たまたま上記ニューズウィークの記事を読んでいて、事情が判明。

その後、お問い合わせのお客様からも、このような記事があると親切に知らせてくれる方がいて、ありがたい限りだった。


記事要約


記事を要約すると →


ハゲに朗報!合成ビャクダンを頭皮に「嗅がせて」発毛促進

英マンチェスター大学のラルフ・パウス博士らがまとめた論文。

ビャクダン系合成香料「サンダロア(サンダロール)」の成分で、毛包の角化細胞の細胞死が減少し、頭皮内の成長ホルモン分泌が25~30%増加した。

パウス博士らはその後、女性ボランティア20人を対象に、ごく短期間の臨床試験を実施。頭皮の一部にサンダロアを適用したところ、1日あたりの脱毛量に減少がみられたという。



なに、一大事ではないか!

そんなことがあるのだろうか?

私は、記事中の「サンダロール」を、白檀精油、つまり、天然の白檀オイル内に含まれる「サンタロール」と誤解した。

香料の成分は、同じ成分でも、英語読み・フランス語読みや、慣用的な呼び方か正式な読み方など、数種類の呼び方がされるものがあるので「サンダロール = サンタロール」と判断した。

(早合点だった)

それで、当社製品には天然の白檀精油が入っているため、問い合わせのお客様には「OK、入ってますよ!」と答えそうになったが、待てよ、記事にはこうある。


なお、天然のビャクダンはにおい分子の構造が異なるため、サンダロアと同じ効果は見込めないという


天然精油ではダメなの?

合成香料としての"サンダロール"を調べると、ジボダン社(香料メジャー)の製品名(商標)だった。

分子構造は、天然の"サンタロール"と微妙に違う。

ということは、残念ながら当社の『白檀』には入っているとは言えないだろう。

パフューマーに聞くと、以前、当社はサンダロールは持っていたし、他の製品で使用していたとのこと。

サンダルウッドの合成香料は、いろいろな香料メーカーから多数でているので、いろいろ選択肢があるとのことだった。現在、当社のサンダロールは、倉庫のどこかに転がっている模様。


奇跡はそう簡単に起きないと思うが


パウス博士の論文を読んで、すぐにサンダロール = 発毛という発想は短絡的すぎると思う。

ある種の合成香料を頭皮にかけると発毛するという奇跡は、私にとっても朗報(私の頭髪もそれなりに痛々しい)。

しかし、奇跡とはそう簡単に起こるものではない。

ニュースに接しても冷めた目で見ているが、かといってテストはしてみたい気もしないでもない。


ところで、本記事のもととなった原文を探した、こちらだ →

Olfactory receptor OR2AT4 regulates human hair growth


(2018-09-27)
search
月一メルマガ

TOP