香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ

調香セミナー・レビュー
11月3日、京成バラ園さんにて調香セミナー開催しました。ちょっと感じたこと (2018/11/07)

セミナー
( 今回は写真を撮りませんでしたので、イラストサイトで購入してきた画像で代用。実際のセミナールームはもっと素朴 )


セミナー風景


このセミナーは、初心者向けの入門セミナーですが、初心者といえども、比較的プロフェッショナルに調香してもらうことにしています。

だから厳しく、単品香料のイメージを文章に落とす作業など、プロっぽいやり方でやってもうのですが、それがいいみたい。

実習では、みなさん、一心不乱に調香する姿がいいですね。

パフューマーでない我々が、狙った香りを一発で創れるわけもなく、多かれ少なかれ、出たとこ勝負なわけです。

しかし、とにかく一生懸命に調香する、真空になったかのような時間、心落ち着く時間となったことを祈ります。


ざわついたトピック


実習メインでお話は、あまり長くないセミナーですが、話していて、ちょっとだけ受けたトピックもありました。

(「香水にはオシッコが混ぜてある」という例のウワサ話ではありません)

今回のざわついた話はこれ。

香水のウンチク・サイトに掲載される香水の種類と言えば・・・

パルファンやオードパルファン、オードトワレ、オーデコロンなどあります、違いは何でしょう?

簡単に言えば、香料濃度。

なんですが、それとともに「香りの持続時間」の違いもよく書かれています。

(私も書きます、偉い先生方の本に書かれているので恒例ですかね、違うなと思いながら書くんです)

持続時間は、高濃度のパルファンが一番長く、オードパルファンが中くらいで、薄いコロンは、比較的に持たないという内容です。

これはウソです。

香りの持続時間を決定するものは、濃度ではなく香料の種類。

持続性のある香料が含まれるかどうか、それらがよいコンビネーションになっているかどうかがポイントであって、濃度の差は大きな要因ではない。

教室のみなさんの

「そうなの?」といった表情や、
「え?」といった声で

若干、ざわつきました。

(ちょっとでも受ける話をしないと、講師側としては手応えがないので、よかった)


(2018-11-07)
<「スノーミント」はなぜ止まった? | 香水と Iso-E-Super>
page top:▲
search
Blog2(72), ブルガリアンローズ(24), ローズジェル(21), 花の香り(21), 香水セミナー(18), moved(18), 香水ボトル(17), 人生(17), ベタガード(16), 白檀香水(15), 練り香水(12), メンズ香水(12), ムスク(11), 香りの話題(11), 香水ビジネス(11), 銀の抗菌防臭(10), 精油(10), モテ香水(10), 『香る生活』(10), アイテム(9), ローズウォーター(7), 香水ニュース(7), 体臭(6), ベチバー(6), 香りと無関係な話題(5), スキンケア(5), 香りと健康(4), 企画・イベント(4), 調香師(パフューマー)(4), ネイルケアこまめ(4), アンチエイジング(4), アロマテラピー(4), お茶(4), 廃盤&復刻(4), 使い方(3), 店舗(3), 香水の悩み(3), 香水カグー(3), 香辛料(3), OEM(3), コスメ名言(3), メルマガ(3), 安眠と香り(3), 感想(3), 化粧品原料(3), お客さま投書(3), ブランド(2), 使用期限(2), 動画(2), 5月の贈り物(2), Amazon(2), 香料(2), sns(2), スモカワ(2), ローズ香水(2), 香水の販促(2), エコ・プロジェクト(1), 香水「摩天楼」(1), スリーピングミスト(1), 沈香(1), 香水月桃(1), 悪臭(1), モバイル(1), ローズマリー(1), ろうばい(1), 犯罪(1), ローズの贈り物(1), 香水の取り方(1), ユリ(1), ハニーサックル(1), プチギフト(1), フェロモン香水(1), 商品開発(1), 社内風景(1), 香水展示会(1), 香水市場(1), 検索ワード(1), スピリチュアル(1), 香水の落とし方(1), お酒と香水(1), 嗅覚(きゅうかく)(1), ジャスミン(1), シャワージェル(1), マスコミ(1), 香木系の香り(1),