香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

新製品ベタリップのレビュー
リリースして2週間、このへんでレビュー (2019/12/15)

ベタリップ
( ベタリップの連結型。連結リスクは開発者の私にとって想定外だった )


予想外に人気


ちらほら感想をいただいています:

「ピンポイントで付けやすい」

「市販リップクリームはどこか油臭いけど、ベタリップは自然な感じ」

「他人が持ってないので好き」

好意的な感想をいただいております。多くはベタガード・ファンによる感想なので、身内評価のようなもの、好意的だ。

(実は、ネガティブな感想なら来ないことが多いので、本当はネガティブな意見もそれなりにあるだろう)



ここがグッド!


ベタリップは、ワックス成分が強いホホバオイルなどの配合比を増やしたが、中身はベタガードと同じもの。

ベタガードをリップに使う場合、自分の指でヌリヌリする。

ベタリップなら、狙ったところにピンポイントで、しかも、手を汚さない点が評価されているような。

私的には、2種類のスキンケアを持ち歩くのは不便で、なんでもベタガードで済ましたい方。

だから、ベタガード&ベタリップ二刀持ちOKという方は、私の予想より多かったと理解している。


ここがバッド!


否定的なご意見はいただいていないが、開発責任者の私の反省はこれ →

(1) クレーター型にくぼんだ先端

(2) パッケージに問題あり


クレーターのようなくぼみ


ベタリップをはじめてご使用の方は、クリームの先端が若干くぼんでいることのお気づきでしょう。

製造工程でちょっと悩んだところです。


ベタリップ
( クレーターのようなくぼみあり )


市販のリップクリームは、先端が微かなドーム型になっているもの。

当社も最初はこうなるつもりで工場に製造依頼を出したのですが、微かにくぼむのです。

ドロドロに溶けたベタリップを充填(じゅうてん)した際はもっこり。しかし、冷えると収縮してくぼむ。

そこで、再度少量を継ぎ足し充填する。つまり二段階方式なのだが、二回目の充填が難しい。

コンピュータ制御のラインだとピタリと適量を流し込めるが、当社の機械半分+手作業半分のマニュファクチャリングだと、どうしても腰が引けた継ぎ足しになる。

「手作り感」な部分としてお許しください。


パッケージ問題


今回製品のパッケージは「台紙一枚で勝負」と最初から決めていた。

日本のゴミの実に 70% はパッケージや包装資材だそうで。

私が小さい頃、量り売りはいろいろなお店でけっこうあった。私の場合、近所の駄菓子屋さんで、豆菓子を量り売りで買っていた記憶がある。

時代とともに個別包装の時代へと。衛生的ですが、一方で、今度は過剰包装とゴミ問題の時代へと。

当社の製品は、限られた流通チャネル、限られたスタッフにより、工場からお客さまに直接届けられる。不特定多数の第三者の手に触れないという点で、パッケージはシンプルにできる。

だから、今回は思い切って「シュリンクなし、台紙だけで」というポリシーで制作しました。が、工場から電話がありました。

「このパッケージ、連結しちゃんですけど」

私の脳の叫びは「そういう問題あったかー」。

台紙に再剥離性の両面テープで貼っただけのシンプルさ、円柱状ベタリップと台紙の接点はわずかな幅で、ベタリップを横にならべると隣の台紙が両面テープで、くっつくという現象。

数個並べた際の連結リスクがあったか、手で離せるものの、これは微妙。


1月末、新パッケージ投入


本当はリリース前に充分に検証すべき部分でしたが、リリース日の12月1日が迫る中で、もはや間に合わず、痛恨の見切り発車となりました。

当社では、1月末にはパッケージをリニューアルすべく新パッケージを試作中です。


(2019-12-15)
<スティック版ねりこ(白檀) | イチョウの紅葉と近況>
page top:▲