香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

アルコール配送、香水通販に暗雲?
今後もこのビジネス、やっていけるのか心配だ (2020/06/24)


( 実は、アルコール消毒液を宅急便で送ることはできない ※写真は「日経クロストレンド」2019年11月08日からリンク。リンク先と当記事は無関係 )


急増するアルコール消毒液の輸送


そういう統計データがあるわけではないが、このコロナ騒動で誰しも実感していることでしょう。

今、ヤマトさんは忙しい。

リモートワークで物流そのものが急増している上に、さらにマスクやアルコール消毒液などコロナ対策用品の配送が急増している。

マスクはまだ軽いし、ドラッグストアでの販売が回復し通販需要も減少したが、アルコール消毒液は相変わらず輸送需要が高い。

しかも重い。

震災時の水(ペットボトル)より楽とは言え、エレベーターがないビルや上り下りがあるお宅への配送はきついようだ。


実は、宅急便で送れないアルコール消毒液


ヤマト「宅急便」には、アルコール消毒液に関して配送規定があって、「アルコール濃度60%以上は配送不可」である。

「アルコール濃度が不明だったら?」とツッコミを入れたくなるが、「アルコール濃度不明もダメ」と明記されている。

「航空機に搭載できない」というレベルでなく、荷受け自体をしてくれない。

実際は、いろいろあるだろうが、いちおう規則ではそうなっている。

日本のアルコール消毒液は、通常、濃度70% - 80%、つまり、アルコール消毒液は、ほぼ配送できないのだ。


宅急便で送れないモノ


アルコール消毒液以外には、刀剣や火薬、ペット、遺骨なども送れない。

いや、当たり前ですよね。

でもね、拳銃を送る人もいるようなので、世の中は広い。

禁止物はいろいろあるが、宅急便の中身は、いちいち確認されるわけではないので、実際は何が運ばれているか、よくわからない、というのが実情だろう。


香水は送れるのだ!


アルコール消毒液は送れないが、なんと香水は送ることができる!

でなければ当社は、とっくに倒産の憂き目にあっている。

ただ、香水は航空機に搭載できない、よって、沖縄への配送は、陸送・船便となるが、送るには送れるのだ、助かった。

ちなみに、郵便局では、香水も禁止項目にされており、当社がゆうパックを使えない一つの理由になっている。


昔はおおらかだった


私が知る範囲では、郵便局も2009年くらいまでは、アルコールも香水も荷受けしてくれていた。

それで、中国や韓国、台湾などにもEMSで輸出していたのだ。

当時は、Fedex、DHL、UPS・・みんな香水の輸送を許していた。

(当社は、以前は、案外、インタナショナルに活動していたのだ)

今では、海外輸出から撤退している。


ロンドン旅客機テロ事件から


アルコール輸送が厳しくなったのは、明らかにあの事件からだった。

2006年の「ロンドン旅客機テロ」。

未遂事件なので、テロは起きなかったが、かなり大掛かりなテロで、最悪10機のジャンボジェットが爆破され、4,000人規模の死者が見込まれた。

当時、私はニュースで知り、「へえー、そんな事件がねー」とのんきに眺めていた。

まさか、それが「風が吹けば桶屋が儲かる」式に当社ビジネスを直撃するとは、かすかにも感じなかった。

このテロ計画で使われたのが「液体爆弾」。

この事件以降、あっという間に世界中の航空機で液体持ち込みが不可となった。

そして、時間をかけ、航空機への液体持込み禁止から、可燃性液体の輸送禁止、アルコールの輸送禁止と続き、航空機から船舶も荷受け禁止へ続いた。

そして、現在に至り、宅配業者のアルコール消毒液禁止へとレベルアップが続いてきた感じだ。


やがて香水も?


ヤマトは「アルコール消毒液」を禁止したが、「化粧品・香水」の輸送は受け入れてくれる。

しかし、今後どうなるか、わからない。

当社は通販だけなので、万一、ヤマトが受け入れをストップしたら・・ジ・エンド、みなさまとお別れ、「サヨナラ」を言うことになるかもしれない。

不安である、心配のあまり、朝夕の祈りを欠かさない日々が続いている。



・・ところで、みなさんは今回の一連のコロナ騒動を、どのように表現していますか?

私は、なんとなく「コロナ騒動」。マスコミは「コロナ禍」という人が多いようだ。

「コロナ禍」?・・はじめて見たとき「なんと読むのだろう」と思いましたね。

「コロナか」?

それで、ネット検索したら、「コロナ渦(うず)」? とか「コロナ鍋(なべ)」? とか読む人の話が出ていて、吹いちゃいました。


(2020-06-24)
<4mLキューブボトルの値下げ | 4mLボトル、スプレー不良問題>
page top:▲