香水biz ブログ

( 香水工場の日常 )

5月の贈り物とミモザ香水
ミモザの生花は、あまり香りませんが、香りはある・・ (2021/04/02)

ミモザ香水
( 今年の「5月」がミモザになることは、Twitterでは早々に感づかれたようです )


5月の贈り物とは?


このブログの読者は、常連さんが多いので、この説明は、今さら感あり、ですが、一言。

「5月の贈り物」とは、5月にリリースする限定リリース香水。

毎年なるべく違う香りをリリースします。

そして、今年2021年の香りは「ミモザ香水」となりました。

1月から何回か、ミモザの話を取り上げているので、「これはクサイぞ」という方もおられたようで、早々にネタバレ気味のまま、引っ張ってきました、すみません。


5月の贈り物
( 「5月の贈り物」をリリースすると、「もう5月か、今年も折り返し間近」と毎年思う = 嘆きに近い )


ミモザの香り


お花があの輝き、輝く黄色洪水、まるで菜の花のようなザ・イエロー軍団。

だから、菜の花のように、ちょっと濃厚でお色気な雰囲気を想像していましたが、意外にもクールな香りです。

菜の花のお祭りのような楽しさはありませんが、共通する部分は、甘い蜂蜜のようなハニー感。

ミモザの香りは、フローラルさはあまりなく草っぽいグリーン感が全体の印象ながら、そこにハニーな香りが隠れるように潜んでいるところが、可愛らしく愛しいところ。


世界のミモザ香水


ミモザの花自体が、世界的に有名で愛される花なので、香水もミモザをテーマにした製品は、それなりに多い。

ミモザをテーマにしたフレグランスやトイレタリーも多い。

試した範囲では、ミモザはらしいものは少ない気がした。


武蔵野ワークスのミモザ香水


当社のミモザは、グリーン感があり、ハニー感がほっこりする地味な香り。

ナチュラルでミモザの花に近いと思う。

派手さはないし、きれいなフローラルでもない、わかりやすい香りとは言いがたい。

間違いなくヒットは期待できない。

またもや、ヒットの望みなき一品をお披露目することになったが、10人に一人くらい、きれいなだけのフレグランスに飽きた方には、はまるかもしれない。

4月10日~20日にミニボトルを販売する。

気になった方は、ミニでお試しいあれ。


「5月の贈り物」
1mLミニボトル


【関連記事】
5月の贈り物とミモザ香水 (2021/04/02)
「ミモザの日」に花屋さんへ (2021/03/09)
ミモザの花が咲く (2021/01/07)


(2021-04-01)
search
月一メルマガ

TOP