香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

バラを贈られた人の最初のしぐさ
バラを贈られた人の最初のしぐさ・・・鼻を寄せて香りをかぐこと

ほとんどの人がそうです。そういわれてみれば自分もそうするかも。

だから、バラの花には香りがあって欲しい、と薔薇生産者の多くが願っています。

ところが、日持ちするバラと香りのよいバラは相反する傾向にあります。

香りあるものは日持ちしないので流通しない。とにかく日本では、花をもらってから何日咲いているかが重要、結果的にほとんど香らない薔薇ばかりです。

しかし、欧米では花をプレゼントした瞬間の感動が大切であって翌朝には枯れていても気にしない人も少なくない。

だから、いろいろなバラを選択できるチャンスが多いようです。値段も安いし(おそらく日本の10分の1)。

日本の場合、香りの薄い花には、無理矢理、合成香料で香り付け・・・というケースも増えてきました。

それで幸せならとやかく言うことではありませんが。

(2006-04-26)
<「空山」の香り | 原料は食べてチェック>
page top:▲