香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

なぜクリームではなくジェル?
一般にクリームは油分豊富で乳化が進んだもの、ジェルは水溶性の印象があります。

しかし、厳密な定義はありません。ジェルでも油分豊富なジェルもあります。

『コンシンのジェル』の原料は製造方法によってはクリームになります。むしろ、クリームにする方が製造は簡単です。

しかし、クリームにしてしまうとローズオイルの香り立ちに陰りがでてしまいます。

ローズオイルが何にも混じり合わない状態から乳化の程度を上げていき他の基材やオイル(オリーブオイルなど)と混じり合い、なじみあいつつもローズオイル本来の香りを放つ状態を探しました。

すると絶妙な状態とタイミングで乳化を抑えあえてクリームにしない方がよいことがわかりました。

『コンシンのジェル』にとって乳化比率とジェル加減はとても大切なノウハウです。
(2006-05-10)
<『コンシンのジェル』外箱の制作を開始 | ジェルとは?ゲルとは?>
page top:▲