香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

香料はどこで買えますか?
先日、京成バラ園で開催した調香セミナーで「香料はどこで買えますか?」という質問をいただきました。

調香は「年をとっても長くやれる趣味としていいですよ〜」なんて紹介しながら、はて、考えてみれば香料の入手はけっこう難しいなと思い知らされました。

調香用香料は大きく3種類に分かれます。

天然香料・合成香料・調合香料。

「合成」という言葉だけで悪者のイメージがありますが、けっしてそんなことはありませんのでご安心ください。

天然物からある成分を抽出したものも合成香料ですし、天然物の成分の分子構造を見よう見まねで再現したものも合成香料です。

これらは、むしろ天然物より安全なことが多いのです。その理由は別の機会に述べたいと思います。

調合香料とは、天然香料や合成香料を複数種類混合してすでにある程度の目的を達成している香料です。ローズの香りやチョコレートフレイバー、ストロベリーフレイバーなどです。

完成度には程度の差があるので調合香料を基に完成度を高めたり、ほかの香りに持っていくという作り方もあります。

市場に広く流通しているエッセンシャル・オイルは、天然香料の一部ですので、こちらの入手は比較的簡単ですね。

合成香料と調合香料は、通常香料会社さんから購入します。これは個人の方にはハードルが高いはずです。

販売単位は、香料の種類によって違いますが、1kg、5kg、10kgとかなりまとまった量が取引単位となっています。数万〜数十万円、ときに数百万円の取引となります。

もし個人で何かの香料を1kg持っていても永久に使い切れないでしょう。なぜなら、それらは濃度が100%で、実際は、水やアルコールで希釈して使用されますから各香料の使用量はごく微量だからです。

香料会社さんにも多種多様な会社さんがあります。小分け販売を得意とする香料会社さんもあると思います。

多種多様な香料会社さんを調べるにはこちらのリンク集が便利です。折を見て当社でも小分け販売を得意とする香料会社さんとコンタクトを付けておきたいと考えています。

また、調香の教室やスクール事業をされているところなら、間違いなく小分けして販売されています。教室に通うことが条件になる場合もあるかもしれませんが、問い合わせてみるのも手ですね。



(2006-11-06)
<化粧品もオーガニック(有機)ブーム | 香水メーカーの人はどんな香水を付ける?>
page top:▲
search
Blog2(72), ブルガリアンローズ(24), ローズジェル(21), 花の香り(21), 香水セミナー(18), moved(18), 香水ボトル(17), 人生(17), ベタガード(16), 白檀香水(15), 練り香水(12), メンズ香水(12), ムスク(11), 香りの話題(11), 香水ビジネス(11), 銀の抗菌防臭(10), 精油(10), モテ香水(10), 『香る生活』(10), アイテム(9), ローズウォーター(7), 香水ニュース(7), 体臭(6), ベチバー(6), 香りと無関係な話題(5), スキンケア(5), 香りと健康(4), 企画・イベント(4), 調香師(パフューマー)(4), ネイルケアこまめ(4), アンチエイジング(4), アロマテラピー(4), お茶(4), 廃盤&復刻(4), 使い方(3), 店舗(3), 香水の悩み(3), 香水カグー(3), 香辛料(3), OEM(3), コスメ名言(3), メルマガ(3), 安眠と香り(3), 感想(3), 化粧品原料(3), お客さま投書(3), ブランド(2), 使用期限(2), 動画(2), 5月の贈り物(2), Amazon(2), 香料(2), sns(2), スモカワ(2), ローズ香水(2), 香水の販促(2), エコ・プロジェクト(1), 香水「摩天楼」(1), スリーピングミスト(1), 沈香(1), 香水月桃(1), 悪臭(1), モバイル(1), ローズマリー(1), ろうばい(1), 犯罪(1), ローズの贈り物(1), 香水の取り方(1), ユリ(1), ハニーサックル(1), プチギフト(1), フェロモン香水(1), 商品開発(1), 社内風景(1), 香水展示会(1), 香水市場(1), 検索ワード(1), スピリチュアル(1), 香水の落とし方(1), お酒と香水(1), 嗅覚(きゅうかく)(1), ジャスミン(1), シャワージェル(1), マスコミ(1), 香木系の香り(1),