香水biz ブログ

( 香水工場の日常 )

メゾンフレグランスとは?

メゾンフレグランス


「メゾン系フレグランス」「メゾン系香水」と呼ばれるカテゴリー。

「メゾンフレグランス」は、香水業界ではすでに一部の人によって日常的に使用されていますが、まだ一般的ではありません。

メゾンフレグランスの正確な定義はまだ固まっていませんが、私なりに定義すると、小規模で歴史と伝統があり量産されていない香水のことです。


大企業化した香水


現在のメジャーなブランド香水を「デザイナー香水」や「デザイナーフレグランス」と呼ぶ人がいますが、これらは主にファッションブランドから始まって、現在ではLVMHさんのような大資本系列のメジャーブランドのフレグランスをさします。

アパレルブランドは、伝統的にある程度ブランド力が確立すると「香水」を商品アイテムに加えがちです。一つには商品のポートフォリオであり、ステータスの証と分析する人もいます。


香水の原点回帰


メゾンフレグランスは、デザイナーフレグランスの遠くに行きすぎた発展に対する原点回帰のような印象を与えます。

メゾンとはフランス語で家や建物を意味しますが、ディオール氏が最初に開いたお店が「クリスチャン・ディオール・オートクチュール・メゾン」と呼ばれるように特にファッション用語として小規模なお店や店舗を供えた工房をさします。


小規模な工房からはじまったブランド


もともとヨーロッパの伝統的な製造業は、2階が工房で1階が店舗といった形態のお店から始まりました。

現在の大資本経営では、工場は中国、ブティックは世界の大都市のプレスティージャスなスポット、販売店は全世界の有名デパートや空港の免税店という形態に変化しました。

しかし、「工房兼店舗」つまりメゾンがブランドの基本形であり、現在でもメゾンというコトバには愛着が込められている。

メゾンは、大資本経営に対する原点回帰です。メゾンフレグランスでは家名や社名ブランドとともに、よりクリエイターやパフューマーに焦点が当たっている印象もあります。

今後メゾンフレグランスの定義は安定していくと思います。


メゾンフレグランスの人気


香水商社・輸入業者・香水バイヤーの気持ちがデザイナー香水(主にファッションブランドで大資本系列の香水)からメゾンフレグランスに移ったのは日本だけでなく本家のヨーロッパでもアメリカでも観察されます。

百貨店には世界にまだ知られていないメゾンブランドの香水が発掘され、セレクティブ(精選)コレクションとして並び始めています。



(2007-01-16)
search
月一メルマガ

TOP