香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

カモミール vs マーガレット
今年は岐阜大垣でカモミール畑の刈り取りを見学させてもらえることになっていましたので、収穫の時期を楽しみに待っていました。

今年の収穫は5月15日。先日行ってきました。収穫風景は後日紹介予定です。

そもそもカモミールというハーブをご存じない方のために、ごくごく簡単に説明すると、キク科の小さな白い花です。日本語名はカミツレです。

カモミール・ティーは、ハーブティーの代表的なお茶の一つで飲んだことがある方も多いかも知れません。Wikiさんのカモミールの説明はこちらです。

西洋では昔から女性の心によい効果をもたらすとされ、私的には特に「安眠効果」はちょっと気になっている部分です。

このカモミールが、うれしいことに日本でもビジネスベースで栽培されいるところが大垣です。

16軒の農家の方々が薬草組合を形成し20年以上も前からカモミール栽培に取り組んでおられます。

収穫を前に、新幹線の時刻表を調べたりホテルを予約したりと出張の準備をした日、たまたま近所を歩いていてマーガレットを発見しました。

花の形がカモミールと非常に似ています。

中心部の黄色いおしべ・めしべの部分を白い花弁が周囲を覆う色彩感も非常に似ていて「カモミールのジャンボ版?」と脳裏をかすめます。

あのリンゴやフルーツを彷彿させるカモミールと同じ香りだろうか?と、ちょっと恥ずかしいのですが仕事ですので、香りを確かめるためにススッと近寄り、目を閉じて鼻を近づけてみました。

「クサ」

見知らぬどこかのオヤジが花の香りを嗅いでいる行為自体が怪しいのに、ここで「臭い」と叫んだりしたら危険きわまりありません。

そのまま黙って固まっていました。

マーガレットは、とてもカワイイ花ですが、香りに関してはカモミールのようにはいかないようです。

(2008-05-18)
<ライラック祭り in Rochester | おまけ事情>
page top:▲