香水biz+香る生活


お肌に塗るアロマキャンドル
取引先化粧品会社さんと打ち合わせで都内へ。用件が終わって帰ろうとすると、おもしろい商品を見せてくれました。あるショップから購入してきたそうです。

「これが今、人気だそうですよ」

と、それは、ローズのアロマキャンドルでした。アロマキャンドルとは通常、エッセンシャル・オイルなどの香料を練り込んだロウソクです。

香料成分がロウソクの炎を一度通るので燃焼したり高熱にさらされるため香りに変質が起ますが、香料によってはよい香りとして残り部屋を満たすためアロマグッズとして人気の雑貨です。

火を付けたときよりも消したときにローズの香りが部屋に残ります。

「ほら、こんな感じでこの溶けたロウを・・・こうやって使うそうです」

と芯の周囲で溶けたロウを人差し指で少しすくい取り、腕にマッサージするように延ばします。

あっというまにロウソクがスキンケアになるという仕組みです。

肌への馴染み方も問題ありません。感触からするとミツロウでしょうか。個人的にはおもしろい使い方で嫌いではないです。

しかし!薬事法的には・・・二人で腕を組んだまま無言になりました。

お互いの心中は、同じことを考えていたと思います。その日はそれでお開きとなりました。

化粧品会社で働いている人間の日常的な光景です。


(2008-09-06)
search
月一メルマガ

TOP