香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

香水プロモーションビデオを撮る!
そんな準備をしています。都内のハウススタジオも押さえました。来週撮影予定です・・・と軽く書いていますが、それなりに緊張しています。

夏、私は映画学校に通っている・・・とブログで書かせてもらいました。不覚にも「国分監督作品、公開予定」なんて大ホラも打ち上げました。

あの時点では本気でした。実際に1分の超ショートムービーを制作、ひとり悦に入っていましたが、しかし、出来てみればあまりにも品質悪く、かつ著作権の問題で皆様には公開できないことが判明しました。

今度は大丈夫です。

なんとなれば、監督さんもカメラマンもプロチームの方々とともに制作します。

小さいですが、プロチームを組んでいます。素人は私だけ。

制作会議の打ち合わせを重ねるごとに作品としての体裁を積み上げていきました。

さあどうなるか、来週撮影、年明け編集、1月下旬にはWEBにて公開できる見通しです。1分程度の作品になる予定です。「香水の楽しさ」を優しくささやかストーリーで表現したいと意気込んでいます。



ところで、こんなお話ついでに・・・きのう「映画『ふうけもん』公開中止=東映」というニュースが芸能界ニュースとして踊っていました。

撮影終了も…中村雅俊の主演映画が公開中止(2008年12月16日(火) 6:01 スポーツニッポン)

いつくかの報道を読むと趣旨はだいたい下記のようになります:

・来年1月公開予定だった東映「ふうけもん」映画が完成せず公開中止。
・中村雅俊、浅野ゆう子、垣内彩未、中村玉緒、哀川翔・・・という豪華キャスト。
・制作予算は1億5千万円。
・撮影自体は春に終了済み。編集段階で制作を担当したJ&Kインターナショナル社の資金繰り問題で表面化で未完のままお蔵入りか?

役者さんや関係者の方々にはギャラや制作費の支払い問題も発生している模様です。

夏に通った映画学校の夜間コースでは、映画の制作方法という技術的な部分だけでなく現役の若手監督さんの実体験からハリウッド映画界や日本の映画界のダイナミックで生々しい映画ビジネスの一端に触れることができました。

大いにインスプレーションを受けました。一言で言えば映画は巨大なバクチ、投機、ビッグビジネスという事実を認識しました。しかし、業界を構成している既存の力関係がこの数年で革命的に変動していることも知りました。原因はインターネット。激動は想像以上のスピードで進行中のようです。

(2008-12-16)
<メール便 vs メール便速達 | 『コンシンのジェル』のヒアルロン酸は何由来?>
page top:▲