香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

ローズ系香水の女性ホルモンへの影響はあり?
ローズ系香水のカラダへの影響は?体験談を聞く。
-------------------------------

先日はじめてのお客様からお電話をいただきました。テレビ通販で香水「月桃メン」をご購入され、感動されたそうです(かつてテレビショッピングにでたことあり)。

それからずうーっと次のオンエアを待っておられましたが、なかなかない。

「放送中、ゲストの方が小さな会社と言ってたし、なかなか作れないんだろうな・・・」

と待つも、ついにQVCさんのコールセンターに問い合わせると、出品を断念した事実とともに当社の電話番号を教えてくれたそうです。

お目当ては「月桃・フォー・メン」の練り香水でした。

これはかってのノベルティ商品。現在はない。

申し訳ないのですが、どうのこうの・・・と話がはじまりましたが、お話好きのマダムの方でおもしろい話をしてくださいました。

「月桃メン」の練り香水がないので、ローズ系香水が充実している当社、ローズ系はいかが?とオススメしてみたところ、ローズ系香水で具合が悪くなるそうです。

それは天然・合成に無関係。

子宮系の持病をお持ちとのことで、ローズのエッセンシャル・オイルで確実体調が崩れるというものでした。

ローズ精油(エッセンシャル・オイル)には女性ホルモンの分泌を活性化させる作用が知られています。エストロゲンなどの女性ホルモンは女性をさらに女性らしく美しく若々しく艶やかにしてくれるホルモンです。

また、女性ホルモンは子宮にさまざまな影響を与えます。彼女の場合は病気の悪化に繋がるとのことで、ローズを意図的に避けておられました。バラの花にもあまり近づかないとのことでした。

ローズ精油がカラダに与える生理的な影響はよく知られていますが、ローズ系香水で同じような変化が起こるのかどうかは、いろいろ言われているわりには実験データとしてはほとんどないのではないかと思われます。

よって、本当に、精油ではなく、精油に較べ精油濃度が相当薄いローズ系香水で生理的な変化が起きるかどうかはよくわからないと私は考えています。

彼女の意見は「いや、出ますね」とのことでした。

(2009-01-19)
<2月スポット・キャンペーン(白梅キャンペーン2/1〜) | 「資材アウトレット」って何?>
page top:▲