香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

香水は爆発物?税関で没収の憂き目
カナダ在住の方からのご注文で、いつものようにEMSで出荷したものの荷物がカナダ税関で没収されました。荷物は開封され香水ボトルのみが抜き取られた模様。香水はその30日後現地にて廃棄されるとの連絡を受けたという情報をお客様よりいただきました。

なんでも香水は「爆発物」や「危険物」との判断らしいのです。ちなみに同時に練り香水もご購入いただいたいましたが、こちらは配送箱の中に残されていたとのこと。

郵政グループのEMSの規定では、香水は危険物や爆発物の対象になっていませんが、現地ではそうなのかもしれません。

企業間の輸出入では抜き打ちで荷物の一部を開封・チェックすることはよくありますが、個人向け商品が開封されたことはあまり経験がなかったのでこれもショックでした。カナダには何度も香水を発送していますが、今回のような措置を受けたのははじめてです。

カナダ税関から直接連絡をいただいたわけでなく、また現地の関税法にも明るくなく何が起きているのか詳細は現状不明です。

これもロンドンで起きた例の液体爆弾未遂テロの余波でしょうか。機内への液体持ち込みが禁止されるようになり、香料の輸入にも何かと制約が多くなってきました。そして、個人向けの香水の輸出も危なくなってきたのか?、どうなのか?

それとも世界同時不況の余波で100ドル超えは一律チェック、疑わしきは罰する方式なのか、逆に世界同時不況で流通商品数が激減、その結果いままで実は香水は禁止されていたけれど忙しくてスルーさせてきた荷物に対しても税務官が丹念にチェックする余裕ができだけの話なのか・・・推測だけはいろいろですが、まだ判断しかねています。

数日前にも米国とドイツへ香水を発送しましたが、こちら問題ないようでカナダだけの問題なのか、海外発送を継続するには世界税関事情をもっと勉強する必要がありそうです。
(2009-02-22)
<化粧業界のあれこれ | 香水の種類分け #9>
page top:▲
search
Blog2(72), ブルガリアンローズ(24), ローズジェル(21), 花の香り(21), 香水セミナー(18), moved(18), 香水ボトル(17), 人生(17), ベタガード(16), 白檀香水(15), 練り香水(12), メンズ香水(12), ムスク(11), 香りの話題(11), 香水ビジネス(11), 銀の抗菌防臭(10), 精油(10), モテ香水(10), 『香る生活』(10), アイテム(9), ローズウォーター(7), 香水ニュース(7), 体臭(6), ベチバー(6), 香りと無関係な話題(5), スキンケア(5), 香りと健康(4), 企画・イベント(4), 調香師(パフューマー)(4), ネイルケアこまめ(4), アンチエイジング(4), アロマテラピー(4), お茶(4), 廃盤&復刻(4), 使い方(3), 店舗(3), 香水の悩み(3), 香水カグー(3), 香辛料(3), OEM(3), コスメ名言(3), メルマガ(3), 安眠と香り(3), 感想(3), 化粧品原料(3), お客さま投書(3), ブランド(2), 使用期限(2), 動画(2), 5月の贈り物(2), Amazon(2), 香料(2), sns(2), スモカワ(2), ローズ香水(2), 香水の販促(2), エコ・プロジェクト(1), 香水「摩天楼」(1), スリーピングミスト(1), 沈香(1), 香水月桃(1), 悪臭(1), モバイル(1), ローズマリー(1), ろうばい(1), 犯罪(1), ローズの贈り物(1), 香水の取り方(1), ユリ(1), ハニーサックル(1), プチギフト(1), フェロモン香水(1), 商品開発(1), 社内風景(1), 香水展示会(1), 香水市場(1), 検索ワード(1), スピリチュアル(1), 香水の落とし方(1), お酒と香水(1), 嗅覚(きゅうかく)(1), ジャスミン(1), シャワージェル(1), マスコミ(1), 香木系の香り(1),