日本的でなつかし梅香水と桜香水、いろいろ!



●梅(ウメ)・桜(サクラ)は大切なテーマ


梅(ウメ)と桜(サクラ)は日本を代表する花です。ストーリーがあり、歴史があり、雰囲気ありで、しかもエキゾチックでインターナショナルな香りです。

●梅香水いろいろ


梅の香水類は市場では多くありませんのが、梅はF4香水シリーズの大切なテーマとなっており、梅香水は数種類開発リリースしております。

●海外で人気が高いチェリーブロッサム


また、桜は近年、海外で「ジャパニーズ・チェリーブロッサム」として大変人気が高まっています。そのため桜のローションやコロン、トワレ、パルファン、スキンケアなどが続々と制作され、一部は日本に輸入されるようになりました。

しかし、桜は香りがほとんどないか、かなり薄い香りのため桜の香り製品はイメージ商品が多くなります。

日本人の考える「桜」と海外のクリエイターが創る「桜」を比べてみるのも楽しいかもしれません。F4香水シリーズの桜はかわいらしさや優しさ、安心感が特徴です。

●梅香水・桜香水は、春の訪れを感じさせる


梅・桜は、春の訪れの象徴。冬の終わり北風の中にもお花の香りが混じりだすと待ちこがれた春の到来です。爽やかでフルーティな香りです。梅・桜の香りで春の訪れの感動を体験してください。



香りの説明に戻る


| 香水通販Top | 会社概要 | 特定商取引法 | プライバシーポリシー |
© Musashino Works Inc.