香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ

ローズウォーター2

「最高級」というコトバがチープな時代


マーケティング・ニュースを見ていたら、アメリカの経済記者さんが「ラグジュアリー」(豪華贅沢)というコトバほど、安易に使い回れてラグジュアリーなイメージからは遠く離れてしまったと書いておりました。

日本でも「高級」や「最高級」というコトバも似た現象に陥っています。


最高級のローズウォーター


そんなわけで、この記事で「最高級のローズウォーター」と書けば、やや怪しいイメージになりますが、私がある蒸留所で見聞きしたローズウォーターは、本当の意味での最高級のローズウォーターだったではないかと思います。

この前の回で「ローズウォーターとは?」で書きましたが、基本的にローズウォーターとは、水蒸気蒸留でローズオイル採取の際できる副産物です。

しかし、中にはローズウォーター採取が目的で水蒸気蒸留を行う蒸留所さんもあります。

ローズウォーターのためのローズウォーター生産です。


副産物でないローズウォーター


この辺は最高クラスのローズウォーターで、通常のローズウォーターも高価ですが、このクラスとなるとちょっと手が出ないのが現状です。

このクラスのローズウォーターは、美容液でも最高級クラスですが、高価なサプリメントなどに加工されるケースが多いようです。

私が知っている最高級のローズウォーターは、ブルガリアのあるローズオイル会社さん(エニオ・ボンチェフ社)で見せてもらったローズウォーターです。

エコサート取得の無農薬・有機栽培で栽培されたダマスクローズで、しかもローズオイル副産物ではなくローズウォーター専用に製造したローズウォーターでした。

ごく少量しか生産できないとのこと、当たり前です。


誰が買えるのか?


「こんな凄いローズウォーターは誰か買うんですか?」と蒸留所の支配人に質問すると全量米国資本が買い上げるとのことでした。

正確には委託栽培の委託生産でしたが、アメリカでもこのクラスのローズウォーターはごく一部の人しか購入できないと思います。

・・・(続く)
(2010-10-26)
<ローズウォーター#3 | ローズウォーター#1>
page top:▲
search
Blog2(72), ブルガリアンローズ(24), ローズジェル(21), 花の香り(21), 香水セミナー(18), moved(18), 香水ボトル(17), 人生(17), ベタガード(16), 白檀香水(15), 練り香水(12), メンズ香水(12), ムスク(11), 香りの話題(11), 香水ビジネス(11), 銀の抗菌防臭(10), 精油(10), モテ香水(10), 『香る生活』(10), アイテム(9), ローズウォーター(7), 香水ニュース(7), 体臭(6), ベチバー(6), 香りと無関係な話題(5), スキンケア(5), 香りと健康(4), 企画・イベント(4), 調香師(パフューマー)(4), ネイルケアこまめ(4), アンチエイジング(4), アロマテラピー(4), お茶(4), 廃盤&復刻(4), 使い方(3), 店舗(3), 香水の悩み(3), 香水カグー(3), 香辛料(3), OEM(3), コスメ名言(3), メルマガ(3), 安眠と香り(3), 感想(3), 化粧品原料(3), お客さま投書(3), ブランド(2), 使用期限(2), 動画(2), 5月の贈り物(2), Amazon(2), 香料(2), sns(2), スモカワ(2), ローズ香水(2), 香水の販促(2), エコ・プロジェクト(1), 香水「摩天楼」(1), スリーピングミスト(1), 沈香(1), 香水月桃(1), 悪臭(1), モバイル(1), ローズマリー(1), ろうばい(1), 犯罪(1), ローズの贈り物(1), 香水の取り方(1), ユリ(1), ハニーサックル(1), プチギフト(1), フェロモン香水(1), 商品開発(1), 社内風景(1), 香水展示会(1), 香水市場(1), 検索ワード(1), スピリチュアル(1), 香水の落とし方(1), お酒と香水(1), 嗅覚(きゅうかく)(1), ジャスミン(1), シャワージェル(1), マスコミ(1), 香木系の香り(1),