香水Bizブログ

日本の香水メーカー武蔵野ワークス
香水創りのブログ (誤字脱字多し、気になる方は近づかないで欲しい)

新作香水「ブラックベチベル」、ベチバー精油

根に含まれるベチバー精油


ベチバーは、日本人には一般にはなじみの薄い草ですが、香料の世界では非常に有名な香料植物です。

多くの香料植物が花や葉っぱに精油を蓄えていますが、ベチバーはそれらからほとんど精油を採取することはできません。

精油は根に含まれています。ベチバーの収穫は根を掘り起こして、一定期間乾燥され、その後水蒸気蒸留器にかけられて精油(エッセンシャルオイル)が採取されます。

濃褐色のドロドロした印象の精油は、熟成型の精油であるため時間の経過とともに精油の味わいが増すと言われます。


「根」だから「土臭い」?


さて、その香りです。ベチバーオイルはどんな香りでしょうか?

土臭いです。

根に精油が含まれているからか、私にはわかりません。

根由来のエッセンシャルオイルらしく「土臭いニオイ」、カッコよくいえば「大地のニオイ」が特徴です。

「カビ臭い」と評されることも。

「スモーキー」という人もいます。

そんな土臭いニオイが香水の原料になるのか、というとこれがすばらしい!香りになります。


精油名が香水名になる精油


香水産業では、天然香料である精油(エッセンシャルオイル)は香水の原料であって、そのものを製品にしたり、製品名にすることは案外珍しいことです。

当社の「ローズの贈り物」はダマスクローズの精油をメイン原料にして、かなりそのままの香りを維持しています。

これは香水としては例外的な製品ですが、そんな製品でさえ、製品名は「ダマスクローズオイル」や「ローズオイル」や「ローズ」ではありません。「ローズの贈り物」というローズに一味加えたネーミングを採用しました。

しかし、ベチバーは、精油そのものが、原料としてだけでなく香水のテーマであると同時に製品名になってしまう精油の一つです。


「ベチバー香水」


ベチバーは、そのままでかなり行けている!と感じるパフューマーさんは少なからずおられるようです。

たんなる香水原料の一つでしかないはずのベチバーは、それ自体が大きなテーマとして扱われます。

他社様のことはあまり言及できませんが、世間一般に広く認識されている有名ブランドの製品なので、具体名を上げさせてもらいます。

ゲラン「ベチバー」は、ベチバーがそのまま製品名になるという直球型製品の名香です。もっとも有名な「ベチバー香水」かもしれません。

ランバン「ベチバー」もまったく同じ製品名です。

なんと「ブランド名+『ベチバー』」というネーミングの香水は非常に多く、ゲラン「ベチバー」、ランバン「ベチバー」の他にロジェガレ「ベチバー」、カルヴァン「ベチバー」など多数あります。

そのほかにクリード「ベチバー」、メゾンコレクションのジョー・マローン「ブラック・ベチバー・カフェ」というおもしろい製品は日本でも人気が高いようです。

香水の一原料であるベチバーがそのままブランド名とともに製品名になるところに、ベチバーの人気度が推し量れます。



【製品販売サイト】
2011新作香水「ブラックベチベル」Black Vetiver(大人の静寂、ベチバー)

※この記事は#3

新作香水「ブラックベチベル」#6 おすすめの使い方
新作香水「ブラックベチベル」#5 土のニオイ
新作香水「ブラックベチベル」#4 世界が愛するベチバー香水
新作香水「ブラックベチベル」#3 ベチバー精油と香水
新作香水「ブラックベチベル」#2 ベチバーとは
新作香水「ブラックベチベル」#1

(2011-05-03)
<新作香水「ブラックベチベル」#4、世界が愛するベチバー香水 | 新作香水「ブラックベチベル」、ベチバーとは>
page top:▲