和の香水

FLORAL 4 SEASONS EAU DE PARFUM

  1. ホーム
  2.   >  製品ラインナップ
  3.   >  和の香水
  4.   >  ブラックベチベル

ブラックベチベル[ Black Vetiver ]

ナチュラルで奥深い味わい

ベチバー香水、メンズ&ユニセックス

配合成分

香水 = エタノール、香料

  • フルボトル(25ml・スプレー

    ¥3,800(税込)

  • キューブボトル(4ml・スプレー

    ¥770(税込)

※送料:全国一律 180円(ネコポス)、350円(宅急便)、フルボトルは[宅急便]での配送。5,000円以上で送料無料

おしらせ:キューブ(4mL) のスプレー不良に関して

香りの特徴とタイプ

香りの説明

シトラスの香り

ベチバー(ベチベル)とは、インド原産のイネ科の植物。

広範囲に深く成長する根は、土壌流出防止に効果があり、河川の岸などに植えられています。

根に独特の芳香があり、その精油は高価なオイルとしてインドや東南アジアでは、紀元前の昔から利用されていたようです。

香りは、大地のような土臭さを含んだ香りで、お香のようなゴボウのような大地感がある香りと表現されます。

一見古くさい香りに感じられるものの、ヨーロッパブランドのラグジュアリーな香水原料として愛用されています。

本製品「ブラックベチベル」は、ベチバーをメインのテーマにした香水です。

ローズマリーとのコンビネーションがふしぎな印象を与えます。

幾何学模様のような、無機的な印象を与える香りながら、心落ち着く香りです。大人の雰囲気にぴったりです。

スパイシーノートが香りにシャープなイメージを与え、ウッディーノートとアンバーノートは香りの奥行きを演出します。

香りのタイプは力強く太く、泥臭くもありながら、全体はおしゃれな印象の香りになっています。

香りのタイプ

  • ウッディ:3
  • フローラル:1
  • ハーバル:1

香りのタイプについて

香りの変化

  • トップノート:ローズマリー、クローブ、ベチバー etc.
  • ミドルノート:ジャスミン、カーネーション、ベチバー etc.
  • ボトムノート:バレリアン、ウッディーノート、アンバーノート etc.

原料ポリシーについて

男性度・女性度

  • 男性度:3
  • 女性度:3
  • トータル評価:ユニセックス

おすすめ評価

  • おすすめ度:3
  • トータル評価:おすすめします!だたし、お好きな方とそうでない方に分かれます。

製品のタイプについて

フルボトル(25ml・スプレー)

フルボトル(25ml・スプレー)

  • フローラル・フォーシーズンズ 25mLシリーズの香水瓶(ネジ式)です。
  • ミスト・スプレータイプ。
  • 女性の手のひらにちょうどなじむフォルムと大きさ。ボトル高58 x 幅45 x 奥22mm
  • 噴霧量・吐出量:ワンプッシュ0.07ml
  • 使用回数:約360プッシュ
  • ( 写真は、ボトル形状をお知らせするためのもの、同じシリーズの写真 )

キューブボトル(4ml・スプレー)

キューブボトル(4ml・スプレー)

  • フローラル・フォーシーズンズ 4mlシリーズの香水瓶(ネジ式)です。
  • ミスト・スプレータイプ。
  • 小さくカワイイ(スモカワ)フォルム。ボトル高28 x 幅23 x 奥14mm
  • 噴霧量・吐出量:ワンプッシュ0.04mL
  • 使用回数:約100プッシュ
  • ( 写真は、ボトル形状をお知らせするためのもの、同じシリーズの写真 )

お客様の感想・レビュー

ベチベルはスパイシーでありながらどことなく爽やかでほのかに甘さがあるからか男性ようでありながらほのかに女性らしさもある香りに惚れたのと男っぽい友達のイメージにピッタリ!!

最初、歯医者みたいなツンとした匂いがします。私は嫌いではないですが苦手な人には絶対ダメでしょう… 徐々に角が取れて柔らかい印象に変わります。 雨上がりの森の道の様な湿度のある匂いになりました 私はとても好きです。

私の好きな「雨上がりの土の匂い」、「少し湿った草叢の香り」。また相反する感想ですがラストは「乾いた土と干し草様の香り」まで感じます(子供の頃、地面を転げ回り遊んだ時の懐かしい記憶が呼び起こされる様な香り)

その他の感想・レビュー

香水アドバイザーのささやき

失敗しそうなポイントや誤解されがちな注意点を香水アドバイザーが辛口コメント。ご購入時の参考にご利用ください。



ベチバー精油を全面に出した香水である。ベチバーの独特な芳香が、格調高い香りに仕上がっている。

香りは、東南アジアの雑貨やお香やイメージを混ぜ合わせて、クールに仕上げた香りではなかろうか。 香水上級者におすすめしたい。

しかし、そもそも東南アジアの雑貨やお香が苦手な人には、ハナから意味不明の香りだろう。

ベチバー自体、土のような、カビ臭いような香りとも感じられるので、好みは分かれる。 好きな人にはナチュラルでたまらない香りだ。

ちなみに、この製品はベチバー(英語でVetiver)がテーマだが、読みはあえて「ベチベル」とフランス語読みで表記されている。

「ベチバー」という商品名の香水が、他社からすでに多数リリースされており、それらとの差別化を狙った。

しかし、「ベチベル」では日本では一般的でなく、意味不明の商品になっている。 残念ながら、ネーミングに失敗しているよな気もしないでもない。

とっても奥深く心をくすぐる憎い香りだ、ベチバーの香りが好きなら。

もしベチバーがどんなものか知らずに購入された場合は、あきらめてしばらく使って欲しい。

何回か使ううちに、人類が、なぜこの香りに夢中なのか、わかるかもしれない。 いったん好きになれば、もうあなたは、逃れられない。

こちらの香水もオススメ